金メッキ 買取  金・貴金属買取  レアメタル 買取  レアメタル 買取  鉄・非鉄金属 買取  レアメタル 買取
金現物相場 [2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
金銀銅 [2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
石油 [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
トウモロコシ [2017] 10 11 12 [2018] 01 02

【20171230】
 週末29日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、対ユーロでのドル安進行に伴う割安感などを背景に買いが入り、7営業日続伸した。
中心限月2月物の清算値は、前日比12.10ドル(0.93%)高の1オンス=1309.30ドルと、中心限月ベースで9月25日(1311.50ドル)以来約3カ月ぶりの高値となった。
また、年間では約14%高となった

【20171230】
週末29日のロンドン自由金市場は、弱いドルを好感して6営業日続伸し、金塊相場は前日終値比9.375ドル高の1オンス=1303.465ドルで引けた。
引け値ベースで1300ドルの大台を回復するのは10月16日以来約2カ月半ぶり。
 金塊は年間で12.6%上昇した

【20171230】
 先物は続伸した。
3月きりの清算値は22.2セント高の1714.5セント。
 現物は1905GMT(日本時間午前4時05分)時点で、0.51%高の1692.6セント。

【20171230】
 白金4月きりは続伸し、清算値は前日比6.80ドル高の1オンス=938.30ドルとなった。
 パラジウム3月きりは4日ぶりに反落し、清算値は前日比2.45ドル安の1オンス=1061.00ドルだった。
(了)

【20171229】
 28日のニューヨーク証券取引所(COMEX)の金塊先物相場は、対ユーロでのドル安を背景に買われ、6営業日続伸した。
中心限月2月物の清算値は、前日比5.80ドル(0.45%)高の1オンス=1297.20ドルと、前日に付けた約1カ月ぶりの高値を更新した。
 外国為替市場では対ユーロでドル売りがじりじりと進行し、ドル建てで取引される金塊などの商品に割安感が生じたことから、金に買いが入った

【20171229】
 金は5営業日続伸した。
終値は、中心限月2018年12月先ぎりが前日比8円高の4685円、ほかが2~10円高。
先ぎり継続足は、前日付けた3カ月ぶり高値を上回った。
日中立ち会いは、28日のニューヨーク金先物相場が対ユーロでのドル安を背景に上昇した流れを引き継ぎ、高寄りした

【20171229】
 金は高寄り後、もみ合い。
午前11時現在、中心限月2018年12月先ぎりは前日比9円高の4686円、ほかが7~9円高。
日中立ち会いは、前日のニューヨーク金先物相場が対ユーロでのドル安を背景に上昇した流れを引き継ぎ、5営業日続伸して始まった

【20171229】
 金は5営業日続伸した。
中心限月2018年12月先ぎりの始値は、前日比7円高の4684円。
日中立ち会いは、28日のニューヨーク金先物相場が、対ユーロでのドル安を背景に前日に付けた約1カ月ぶりの高値を更新した地合いを引き継ぎ、買いが先行して始まった。
 銀は期先が堅調。  白金は小幅続伸した。
NY高を眺め、18年12月先ぎりは7円高の3367円で寄り付いた

【20171229】
28日のロンドン自由金市場は、さえないドル相場を眺めて5営業日続伸した。
金塊相場は前日終値比8.005ドル高の1オンス=1294.09ドルで引けた。
 金塊は1290ドル台前半を中心とする狭いレンジでジリ高となった

【20171229】
 続伸した。
先物3月きりの清算値は16.7セント高の1692.3セント。
 現物はアメリカ東部時間午後2時37分(1937GMT)時点で0.88%高の1683セント。

【20171229】
 白金4月きりは上伸し、清算値は前日比3.50ドル高の1オンス=931.50ドルとなった。
 パラジウム3月きりは3日続伸し、清算値は前日比7.10ドル高の1オンス=1063.45ドルだった。
(了)

【20171228】
 27日の金現物相場は上昇し、8営業日続伸した。
ドル安を受け、投資家の買い意欲が高まった。
 金現物相場はアメリカ東部時間午後2時32分(1932GMT)時点で、0.37%高の1オンス=1287.98ドルだった。
一時、約1カ月ぶりの高値となる1288.50ドルを付けた。
 RJOフューチャーズ(シカゴ)のシニア市場ストラテジスト、フィリップ・ストレイブル氏は、強気相場を示唆するチャートと、ドル安が金相場を支援したと述べた

【20171228】
 27日のニューヨーク証券取引所(COMEX)の金塊先物相場は、ドル安・ユーロ高の進行を背景に買われ、5営業日続伸した。
中心限月2月物の清算値は、前日比3.90ドル(0.30%)高の1オンス=1291.40ドルと、前日に付けた約1カ月ぶりの高値を更新した。
 この日の外国為替市場では未明からドル安・ユーロ高が進行

【20171228】
 金は4営業日続伸した。
終値は、中心限月2018年12月先ぎりが前日比26円高の4677円、ほかが24~26円高。
先ぎり継続足は、終値ベースで9月下旬以来、約3カ月ぶりの高値を回復した。
日中立ち会いは、27日のニューヨーク金先物相場がドル安・ユーロ高の進行を背景に上昇した流れを引き継ぎ、買いが先行して始まった

【20171228】
 金は高寄り後、もみ合い。
午前11時現在、中心限月2018年12月先ぎりは前日比27円高の4678円、ほかが24~27円高。
日中立ち会いは、前日のニューヨーク金先物相場が対ユーロでのドル安を背景に1カ月ぶりの高値を付けた流れを引き継ぎ、4営業日続伸して始まった

【20171228】
 金は4営業日続伸した。
中心限月2018年12月先ぎりの始値は、前日比26円高の4677円。
日中立ち会いは、27日のニューヨーク金先物相場が、対ユーロでのドル安を背景に1カ月ぶりの高値を付けた地合いを引き継ぎ、買いが先行して始まった。
 銀は期先が小幅続伸した。
 白金は小反発した。NY高を眺め、18年12月先ぎりは1円高の3352円で寄り付いた

【20171228】
連休明け27日のロンドン自由金市場は、ドルの弱地合いを好感し、4営業日続伸した。
金塊相場は前週末22日終値比11.8ドル高の1オンス=1286.085ドルと、11月28日以来1カ月ぶり高値水準で引けた。
 金塊は今月中旬に7月20日以来約5カ月ぶり安値圏の1235ドル台まで下げ幅を拡大した後、上昇基調に転じた

【20171228】
 先物は3営業日続伸した。
3月きりの清算値は15.2セント高の1675.6セント。
 現物はアメリカ東部時間午後2時32分(1932GMT)時点で約1%高の1669セント。
一時は1672.3セントと、11月下旬以来の高値を付けた

【20171228】
 白金1月きりは3営業日続伸し、清算値は前日比0.20ドル高の1オンス=923.70ドルとなった。
4月きりは0.50ドル高の928.00ドルだった。
 パラジウム3月きりも続伸し、清算値は前日比13.90ドル高の1オンス=1056.35ドルだった。
ロイター通信によると、一時は1061.00ドルまで上昇し、2001年2月以来約17年ぶりの高値を更新したという

【20171228】
 ヨーロッパ時間28日朝の金現物相場は上伸した。
閑散商いの中、ドルが4週間ぶり安値に下落したのを受け、1カ月ぶり高値を付けた。
 香港のリーチョン・ゴールド・ディーラーズの主任ディーラー、ロナルド・リョン氏は「ドル安が続けば、金は再び1300ドルを試す展開になるだろう」と指摘した。
 金は今月前半に付けた約5カ月ぶりの安値1235.92ドルから水準を切り上げている

【20171227】
 【ニューヨーク、ベンガルール(インド)ロイターES=時事】休場明け26日の金現物相場は上昇し、3週間超ぶりの高値を付けた。
ドル安とチャートのシグナルに支援された。
貴金属市場は25日はクリスマスで休場だった

【20171227】
 連休明け26日のニューヨーク証券取引所(COMEX)の金塊先物相場は、持ち高調整目的の買いなどが入り、4営業日続伸した。
中心限月2月物の清算値は、前週末比8.70ドル(0.68%)高の1オンス=1287.50ドルと、中心限月ベースで11月末以来約1カ月ぶりの高値を付けた。
前日25日はクリスマスのため休場だった

【20171227】
 金は3営業日続伸した。
終値は、中心限月2018年10月きりが前日比5円高の4651円、ほかが4~10円高。
日中立ち会いは、前日のニューヨーク金先物相場が持ち高調整の買いに上伸したのを受け、高寄りした。
ただ、その後はニューヨーク相場と為替がともに動意を欠く中、手掛かり材料難からもみ合いが続いた

【20171227】
 金は高寄り後、もみ合い。
午前11時現在、中心限月2018年12月先ぎりは前日比11円高の4657円。
ほかは9~17円高

【20171227】
 金は3営業日続伸した。
中心限月2018年12月きりの始値は、前日比9円高の4655円。
日中立ち会いは、前日のNY金先物相場が持ち高調整の買いなどが入り上伸した流れを引き継ぎ、買いが先行して始まった。
 銀はしっかり

【20171227】
 先物は続伸した。
3月きりの清算値は16.0セント高の1660.4セント。
 現物はアメリカ東部時間午後1時52分(1852GMT)時点で、1.11%高の1654.1セント。
一時約3週間ぶりの高値となる1655.1セントを付けた

【20171227】
 白金1月きりは続伸し、清算値は前週末比0.50ドル高の1オンス=923.50ドルとなった。
 パラジウム3月きりは反発した。
清算値は前週末比12.90ドル高の1オンス=1042.45ドルだった。
ロイター通信によると、相場は一時1046.70ドルと、2001年2月以来約17年ぶりの高値を付ける場面があった。
(了)

【20171227】
 ヨーロッパ時間27日朝の金現物相場はドル安を受け、小幅上昇。
商いは薄く、レンジ内での値動きにとどまった。
 金現物は0729GMT(日本時間午後4時29分)時点で、0.1%高の1オンス=1284.10ドルだった。
一時、1284.70ドルと、1日以来の高値を付けた

【20171226】
 米国市場がクリスマスの祝日で休場のため休信。(了) 。

【20171226】
 金は続伸した。
終値は、中心限月2018年10月きりが前日比27円高の4647円、ほかは22~26円高。
日中立ち会いは、取引中のニューヨーク金先物相場の堅調地合いを映し、買い先行で始まった。
その後もNY高を受け、水準を切り上げた

【20171226】
 金は上げ幅拡大。
午前11時現在、中心限月2018年10月きりは前週末比27円高の4647円。
ほかは24~28円高


01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97
98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 ex
[2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 10 11 12 [2018] 01 02

レアメタル 買取特殊金属買取取扱材料技術
レアメタル 買取、スクラップ 買取、特殊金属、レアメタルなら[レアメタル買取センター]にお任せください。

[TOP]