金メッキ 買取  金・貴金属買取  レアメタル 買取  レアメタル 買取  鉄・非鉄金属 買取  レアメタル 買取
金現物相場 [2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
金銀銅 [2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
石油 [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
トウモロコシ [2017] 10 11 12 [2018] 01 02

アメリカ 45
ドルがやや下げているのが背景だった

 ANZのアナリスト、ダニエル・ハインズ氏は「ドルは経済指標の発表を受けて堅調だったが、北朝鮮に関するトランプ大統領の発言を受けてすぐに押し戻された」と指摘
9月きりの清算値は13.8セント高の1638.9セント
 この日の金塊は軟調なドル相場を眺め、正午ごろ1265ドル近辺に上昇

予想を上回るアメリカ求人数を受け、ドル高が進んだ

北朝鮮がアメリカ領グアム島周辺を攻撃する計画を検討中と威嚇したのに対し、トランプ米大統領が核兵器の「火力」で対抗すると警告

9月きりの清算値は20.2セント高の1706.5セント

中心限月12月きりの清算値は前日比10.80ドル(0.84%)高の1オンス=1290.10ドルと、中心限月ベースでは6月7日(1293.20ドル)以来約2カ月ぶりの高値となった

9月きりの清算値は0.5セント高の1707.0セント

金塊相場は前日比1.675ドル高の1オンス=1287.375ドルで引けた

米朝間の緊張が高まる中、投資家のリスク回避姿勢が強まり、2カ月ぶりの高値を付けた

ドルがしっかりに推移する中、投資家は7月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨公表待ち。市場関係者らは議事要旨から、アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)の今後の利上げペースに関する手掛かりを探すことになりそうだ

中心限月12月きりの清算値は前日比10.70ドル(0.83%)安の1オンス=1279.70ドルとなった

 金現物は、アメリカ東部時間午後3時7分(1907GMT)時点で、0.8%安の1オンス=1271.58ドルだった

公表された7月のアメリカ連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が追加利上げが遅れる可能性を示唆したことを受けて、ドルが安値水準にとどまったことが背景にある
9月きりの清算値は22.6セント高の1694.0セント
ほかは16~20円高

終値は、中心限月の2018年6月先ぎりが前日比20円高の4530円、他限月は16~19円高

中心限月12月きりの清算値は前日比3.20ドル(0.25%)高の1オンス=1282.90ドルとなった
同日公表された7月の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨で、政策金利の維持が全会一致で決まったことが明らかになったのを受けてドル安が進み、3営業日ぶりに上昇した
アメリカ政治に関する不透明感やスペイン・バルセロナでのテロ事件を受け、アジアの株式相場が下落する中、安全資産への買いが入った

1オンス=1284.525ドルと、前日終値比10.265ドル高で引けた

中心限月12月きりの清算値は前日比9.50ドル(0.74%)高の1オンス=1292.40ドルとなった

アメリカ連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、追加利上げが後ずれするのではないかとの観測が広がり、金利を生まない資産である金は2日連続で上伸した

9月きりの清算値は5.3セント安の1700.0セント

米政治の先行き不透明感を背景としたドル安やスペインでのテロ事件が安全資産とされる金を押し上げ、一時、約9カ月ぶりの高値に急伸した
先物9月きりの清算値は1.5セント高の1701.5セント
先物9月きりの清算値は3.3セント安の1698.2セント

中央銀行総裁らが講演する今週の米ジャクソンホールでの会合を控える中、ドル高が進んだことが重しとなった
先物9月きりの清算値は6.4セント高の1704.6セント 米政治の不安定さに加え、中央銀行総裁らが講演する今週の米ジャクソンホールでの会合を前にドルが売られたことを背景に、買われた
米国でこの日行われるイエレンアメリカ連邦準備制度理事会(FRB)議長とドラギヨーロッパ中央銀行(ECB)総裁の講演から手掛かりを得るため、投資家は様子見姿勢を示している

中心限月12月きりの清算値は前日比2.70ドル(0.21%)安の1オンス=1292.00ドルとなった

中心限月12月きりの予想レンジは1270~1300ドルだった
9月きりの清算値は、8.6セント高の1704.9セント
1オンス=1292.945ドルと、前日終値比5.60ドル高で引けた

中心限月12月きりの清算値は前日比5.90ドル(0.46%)高の1オンス=1297.90ドルとなった

 金現物はアメリカ東部時間午後2時(1800GMT)時点で、0.5%高の1オンス=1292.14ドルだった

米国で開かれた経済政策会合での主要な中央銀行当局者らの発言を受けてユーロが対ドルで上昇したことが背景だった

中心限月2018年6月先ぎりの始値は、前週末比10円高の4529円

9月きりの清算値は39.2セント高の1744.1セント

9月きりの清算値は1.5セント安の1742.6セント

中心限月12月きりの清算値は前日比3.60ドル(0.27%)高の1オンス=1318.90ドルと、中心限月ベースでは2016年9月29日(1326.00ドル)以来約11カ月ぶりの高値となった

1オンス=1300ドルを超えた前日の取引からさらに値を上げ、昨年11月以来の高値を付けた

ドル高を嫌気し、前日付けた9カ月半ぶりの高値からは下げたものの、米朝間の新たな緊張関係を背景に1オンス=1300ドル以上の水準を維持した


ランキング [多い順]★
金 122 / 相場 94 / 続伸 46 / アメリカ 45 / 現物 45 /
買い 36 / 立ち会い 35 / ドル高 34 / 円高 34 / 金塊 31 /
反発 31 / 高値 30 / 先行 29 / ドル安 27 / 反落 26 /
終値 25 / 北朝鮮 22 / 上げ 22 / 売り 20 / ヨーロッパ 19 /
金先物 19 / 白金 19 / 下落 19 / 上昇 17 / 日本 16 /
取引所 16 / パラジウム 16 / ロンドン 15 / トランプ 14 / 円安 14 /
始値 14 / 推移 13 / 利上げ 12 / 為替 11 / 続落 9 /
金融 9 / 金相場 8 / 下げ 8 / 後退 8 / インフレ 7 /
急伸 6 / テロ 4 / 資金 4 / 安値 3 / 株価 2 /
アジア 1 / 中国 1 / 香港 1 / 株式 1 / 流出 1 /
反動 1 /
[2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 10 11 12 [2018] 01 02

レアメタル 買取特殊金属買取取扱材料技術
レアメタル 買取、スクラップ 買取、特殊金属、レアメタルなら[レアメタル買取センター]にお任せください。

レアメタル買取  レアメタル買取  レアメタル 買取  鉄・非鉄金属 買取

6つの条件を確認する投資法『株式投資錬金術』




レアメタル買取  レアメタル買取  金・貴金属買取  鉄・非鉄金属 買取
 レアメタル 買取  金メッキ 買取  金メッキ 買取  レアメタル 買取