金メッキ 買取  金・貴金属買取  レアメタル 買取  レアメタル 買取  鉄・非鉄金属 買取  レアメタル 買取
金現物相場 [2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
金銀銅 [2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
石油 [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
トウモロコシ [2017] 10 11 12 [2018] 01 02

【20171230】

米国産標準油種WTIの2月物の清算値は前日比0.58ドル(0.97%)高の1バレル=60.42ドルと、中心限月ベースで2015年6月23日以来約2年半ぶりの高値を付けた。
3月物は0.57ドル高の60.44ドルだった。
 年間では中心限月ベースで約12%高となった

【20171229】

米国産標準油種WTIの中心限月2月物の清算値は前日比0.20ドル(0.34%)高の1バレル=59.84ドルだった。
3月物は0.18ドル高の59.87ドルとなった。
 米エネルギー情報局(EIA)がこの日午前に発表した週報によると、最新週の原油在庫は前週比460万バレル減と、取り崩し幅は市場予想(ロイター通信拡大版調査)の400万バレル減を上回った

【20171229】

ほかは取引最終日を迎えた12月当ぎりが30円安、1~4月きりが260~350円高。
日中立ち会いは、大納会を控え整理商いが中心となる中、小じっかりに始まった

【20171229】

午前11時現在、2018年5月先ぎりは前日比170円高の4万4200円、当ぎりが30円安、ほかが100~190円高。
日中立ち会いは、大納会を控え整理商いが中心となる中、小じっかりに始まった

【20171229】

2018年5月先ぎりの始値は、前日比50円高の4万4080円。
円相場、ニューヨーク原油(WTI)相場ともに動意を欠く中、大納会前のポジション調整で、買いがやや勝っている

【20171228】

 英国産標準油種北海ブレントの中心限月の清算値は、前日比0.58ドル(0.9%)安の1バレル=66.44ドルだった。
米国産標準油種WTIは0.33ドル(0.6%)安の59.64ドルだった。
 リビアでは、26日にエスシデル港向けパイプラインが爆破され、供給が日量約9万バレル減少した。
また、英国最大のパイプラインが停止した影響で、北海フォーティーズ原油の生産量は27日時点で、通常の産油能力の半分にとどまった

【20171228】

この先寒さが強まるとの予報が出る中、暖房需要の増加見通しが相場を支援した。
 この日納会を迎えた1月きりの清算値は、前日比9.5セント(3.6%)高の100万BTU(英国熱量単位)当たり273.8セント

【20171228】

米国産標準油種WTIの中心限月2月物の清算値は、前日比0.33ドル(0.55%)安の1バレル=59.64ドルだった。
3月物は0.31ドル安の59.69ドルだった。
 前日の相場は、リビアのエスシデル港に原油を輸送するパイプラインで爆発が起きたことをきっかけに大きく上伸した。
中心限月としては2015年6月下旬以来2年半ぶりに一時60ドルの節目を突破する場面があったが、この日は達成感から利益確定の売りが先行した

【20171228】

日中立ち会いは、テクニカル要因による買いが先行し、続伸して始まった。
その後も取引中のニューヨーク原油(WTI)がしっかりしていることから、堅調に推移したが、終盤にかけて為替相場が円高・ドル安に振れたことが圧迫になり、一部の限月はマイナス圏に沈んだ

【20171228】

午前11時現在は、2018年5月先ぎりが前日比70円高の4万4080円、他の限月は20~120円高。
27日のニューヨーク原油(WTI)は利食い売りに下落したが、テクニカル要因に基づく買いが先行し、続伸して始まった

【20171228】

27日のニューヨーク原油(WTI)は利益確定の売りに反落したが、東京の日中立ち会いは、テクニカル要因に基づく買いが優勢となっている。
 石油製品(バージ)は、ガソリンが堅調。18年7月先ぎりは50円高の6万0490円で始まった

【20171228】

2018年6月先ぎりの始値は、前日比1円10銭安の210円70銭。(了)

【20171227】

リビアのエスシデル港向けパイプラインが武装勢力によって爆破され、最大日量10万バレルの供給が減少したとの報道が、石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産とともに相場を押し上げた。
米国産標準油種WTIは一時、1バレル=60ドル台に乗せた

【20171227】

寒さが強まるとの予報を受け、暖房需要が増加するとの見通しが相場を押し上げたものの、過去最高の生産水準が弱材料となり、上昇は限定された。
 納会が翌日に迫った中心限月1月きりの清算値は、前週末比2.4セント(0.9%)安の100万BTU(英国熱量単位)当たり264.3セント

【20171227】

同限月の清算値は前週末(22日)比1.50ドル(2.57%)高の59.97ドルで、5営業日続伸した。
3月物の清算値は1.46ドル高の60.00ドルとなった。
 11日から操業を停止している北海のフォーティーズ・パイプラインが来年1月初めにフル稼働する見通しとなったことを受け、早朝までは上値が重い展開だった

【20171227】

灯油在庫は4.7%減の227万8650キロリットル、軽油在庫が6.1%増の149万8529キロリットル。  週間原油処理量は1.7%増の382万7512キロリットル。  統計を基に算出した出荷量は、ガソリンが9.8%増の101万2650キロリットル。灯油は1.9%増の51万5724キロリットル、軽油が5.8%増の68万9777キロリットルとなった。
(了)

【20171227】

クリスマス休場明け26日のニューヨーク原油(WTI)相場が、リビアの武装グループによる石油パイプライン爆破の報を受け急伸したことから、夜間取引で一時、15年7月以来約2年半ぶりの高値となる4万4280円を付けた。
この流れを引き継ぎ、日中立ち会いも大幅上昇して始まり、その後は、WTI、円相場ともに動意を欠く中、伸び悩んだ

【20171227】

午前11時現在、2018年5月先ぎりが前日比830円高の4万4050円、他限月は190~1020円高。
クリスマス休場明け26日のニューヨーク原油(WTI)相場が、リビアの武装グループによる石油パイプライン爆破の報を受け急伸したことから、日中立ち会いは大幅上昇して始まった

【20171227】

2018年5月先ぎりは、前日比950円高の4万4170円で始まった。
26日のニューヨーク原油(WTI)が、リビアの原油パイプラインが爆破されたとの報を背景に一時1バレル=60ドル台に乗せるなど大幅上昇したことから、東京も買いが先行している

【20171227】

(了)

【20171226】


【20171226】

日中立ち会いは、クリスマス休場明けのニューヨーク原油(WTI)相場が堅調に始まったことから、8営業日続伸して始まった。
ただ、その後はWTIと為替がともに動意を欠く中、もみ合いが続き、大引けにかけて一部限月が整理売りに値を消した

【20171226】

午前11時現在、2018年5月先ぎりが前日比90円高の4万3220円、他限月は90~140円高。
クリスマス休場明けのニューヨーク原油(WTI)相場が堅調に始まったのを眺め、日中立ち会いは買いが先行して始まった

【20171226】

25日の米欧石油市場はクリスマスで休場だったが、日本時間で朝方再開したニューヨーク原油(WTI)電子取引の堅調を眺め、日中立ち会いは買いがやや勝っている。
 石油製品(バージ)も堅調。新ポ18年7月きりは、ガソリンが80円上ざやの5万9610円、灯油が240円上ざやの5万8390円で発会した

【20171225】

日中立ち会いは、前週末のニューヨーク原油(WTI)相場が、産油国の協調減産への期待などを背景に、東京商品市場の終了時点に比べて上昇したことを受け、買い先行で始まった。
その後は、米欧市場がクリスマス休暇となり、様子見ムードが強いことから、上げ幅を縮小した

【20171225】

午前11時現在は、2018年5月先ぎりが前週末比30円高の4万3010円、他は30~90円高。
前週末のニューヨーク原油(WTI)相場が、産油国の協調減産への期待などを背景に、東京商品市場の終了時点に比べて上昇したことを受け、日中立ち会いは7営業日続伸して始まった

【20171225】

前週末の東京商品市場の終了時点に比べて、22日のニューヨーク原油(WTI)相場が、産油国の協調減産への期待などを背景に上昇したことを受け、ポジション調整の買いが先行している。
 石油製品(バージ)の2018年6月先ぎりも、ガソリンが60円高の5万9580円、灯油が120円高の5万8050円と、中東産原油につれて上昇して始まった

【20171223】

 中心限月1月きりの清算値は、前日比6.9セント(2.7%)高の100万BTU(英国熱量単位)当たり266.7セント。
 週ベースでは2%超上昇し、3週間ぶりの上げとなった

【20171223】

米国産標準油種WTIの中心限月2月物の清算値は前日比0.11ドル(0.19%)高の1バレル=58.47ドルだった。
中心限月ベースでは4週ぶりにプラスで越週となった

【20171222】

予想レンジは1バレル=55~60ドルだった。
 米国の原油在庫は減少傾向を示している。
アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)の利上げの影響で、シェールオイル業者は開発投資の金利コストが上昇、掘削リグ稼動数は伸び悩んでいる

【20171222】

石油輸出国機構(OPEC)が協調減産合意からの出口戦略の策定に着手したとのニュースを受け、供給削減が突然終了することはないとの期待が強まった。
 北海ブレントの中心限月の清算値は、前日比0.34ドル(0.5%)高の64.90ドルだった。
米国産標準油種WTIは、0.27ドル(0.5%)高の1バレル=58.36ドルだった。
北海ブレントは15年6月以来の高値。  OPEC関係者2人は、OPEC事務局がさまざまな出口戦略の策定に取り組んでいることを明らかにする半面、内容について語るのは時期尚早だと述べた


01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97
98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 ex
[2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 10 11 12 [2018] 01 02

レアメタル 買取特殊金属買取取扱材料技術
レアメタル 買取、スクラップ 買取、特殊金属、レアメタルなら[レアメタル買取センター]にお任せください。

[TOP]