金メッキ 買取  金・貴金属買取  レアメタル 買取  レアメタル 買取  鉄・非鉄金属 買取  レアメタル 買取
金現物相場 [2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
金銀銅 [2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
石油 [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
トウモロコシ [2017] 10 11 12 [2018] 01 02

【20180131】

 英国産標準油種北海ブレントの中心限月の清算値は、前日比0.44ドル(0.6%)安の1バレル=69.02ドルだった。
一時は68.40ドルの安値を付けた。
 米国産標準油種WTIは1.06ドル(1.6%)安の64.50ドルだった。
 米株式は続落。プライス・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のアナリスト、フィル・フリン氏は「株価が下落すれば、景気は力強いとする強気の主張が説得力を失うかもしれないとの懸念があった」と指摘した

【20180131】

 3月きりの清算値は2.8セント(0.9%)高の100万BTU(英国熱量単位)当たり319.5セント。
 ただ、限月乗り換えに伴い、当ぎりの清算値ベースで12%安と、一日当たりの下げ幅が2007年8月以来の大きさとなった

【20180131】

米国産標準油種WTIの中心限月3月物の清算値は前日比1.06ドル(1.62%)安の1バレル=64.50ドルだった。
4月物の清算値は1.04ドル安の64.35ドルだった。
 米国内の原油生産量が近いうちに日量1000万バレルに達するとの見通しが広がっていることから、シェールオイルの増産傾向に警戒感が広がった

【20180131】

灯油在庫が10.8%減の169万2900キロリットル、軽油在庫は2.5%増の169万1766キロリットル。  週間原油処理量は2.8%減の358万3907キロリットル。  統計を基に算出した出荷量は、ガソリンが6.2%減の83万2773キロリットル。灯油が1.3%減の57万7464キロリットル、軽油は0.5%増の64万7638キロリットルとなった。
(了)

【20180131】

1月当ぎりは、20円安の4万6130円で限月落ちした。
日中立ち会いは、米株安を背景としたニューヨーク原油(WTI)の下落を受け、売り先行で始まった

【20180131】

午前11時現在は、中心限月の6月先ぎりが前日比360円安の4万3440円、他はきょう限月落ちする1月当ぎりの10円高を除き、350~390円安。
株安を背景としたニューヨーク原油(WTI)の下落を受け、日中立ち会いは続落して始まった

【20180131】

日中立ち会いは、前日のニューヨーク原油(WTI)相場が米株安への警戒感から下落した流れを引き継ぎ、売りが先行して始まった。
 製品は原油になびき軟調。8月先ぎりは、ガソリンが420円安の5万9440円、灯油が260円安の5万8570円でそれぞれ寄り付いた

【20180131】

(了)

【20180130】

ただ、1月の月間ベースでは、相場は5年ぶりの伸びを記録する見込み。  英国産標準油種北海ブレントの中心限月の清算値は、前週末比1.06ドル(1.5%)安の1バレル=69.46ドルだった。
一時70.64ドルの日中高値を付けた。
 米国産標準油種WTIは0.58ドル(0.9%)安の65.56ドルだった。
 このところの上げ相場は、6週連続のドル安基調が追い風になっている

【20180130】

正午に出た予報で、この先2週間に気温が低下し、暖房需要が増加する見通しが朝方より強まったことで、買いが入った。
 トレーダーは、ここ数週間の厳しい寒さの影響で既に平年を約18%下回っている在庫が、向こう2週間に一段と取り崩される可能性に着目した  この日納会を迎えた2月きりの清算値は、前週末比12.6セント(3.6%)高の100万BTU(英国熱量単位)当たり363.1セントと、2016年12月30日以来の高値を付けた

【20180130】

米国産標準油種WTIの中心限月3月物の清算値は前週末比0.58ドル(0.88%)安の1バレル=65.56ドルだった。
4月物の清算値は0.58ドル安の65.39ドルだった。
 外国為替市場ではドル安・ユーロ高の流れが反転。ドル建てで取引される原油などの商品は割高感に圧迫され、早朝から完全にマイナス圏に沈んだ

【20180130】

先ぎり継続足は、昨年12月28日以来、約1カ月ぶりの安値水準。
29日のニューヨーク原油(WTI)相場が、米国での増産の動きやユーロ安・ドル高を背景に下落したことから、日中立ち会いは安寄りした

【20180130】

午前11時現在、中心限月の6月先ぎりが前日比610円安の4万4190円、他の限月は当ぎりの50円高を除き630~670円安。
週明けのニューヨーク原油(WTI)がドル高・ユーロ安や米国の増産を背景に下落した流れを引き継ぎ、日中立ち会いは反落して始まった

【20180130】

日中立ち会いは、週明けのニューヨーク原油(WTI)相場がドル高・ユーロ安や米国の増産を背景に下落した流れを引き継ぎ、売りが先行して始まった。
 製品は原油になびき軟調。8月先ぎりは、ガソリンが370円安の6万0820円、灯油が440円安の5万9720円でそれぞれ寄り付いた

【20180129】

日中立ち会いは、為替の円高・ドル安を受け、小幅続落して始まった。
その後、下値を追う場面もあったが、売り一巡後は取引中のニューヨーク原油(WTI)相場の堅調推移を映し、大引けにかけてプラス圏に引き締まる限月が相次いだ

【20180129】

午前11時現在、中心限月6月先ぎりが前週末比40円高の4万4810円、ほかは変わらず~60円高。
日中立ち会いは、為替相場の円高・ドル安を受け、小幅続落して始まった

【20180129】

日中立ち会いは、ダボス会議での黒田日銀総裁発言を受け、為替相場が円高・ドル安に振れているのを眺め、売りが先行している。
 製品(バージ)も軟調。8月先ぎりの始値は、ガソリンが90円安の6万1160円、灯油が20円安の5万9960円

【20180127】

 英国産標準油種北海ブレントの中心限月の清算値は、前日比0.10ドル(0.1%)高の1バレル=70.52ドルだった。
一時70.83ドルの日中最高値を付けた。
前日には71.28ドルと、2014年以来の高値に達した

【20180127】

2月初旬に予報されている中西部の寒波で暖房需要が増加し、解凍で生産を再開したガス田が再凍結するとの思惑から買われた。
 29日に納会を迎える2月きりの清算値は、前日比5.8セント(1.7%)高の100万BTU(英国熱量単位)当たり350.5セント

【20180127】

米国産標準油種WTIの中心限月3月物の清算値は前日比0.63ドル(0.96%)高の1バレル=66.14ドルだった。
4月物は0.60ドル高の65.97ドルとなった

【20180126】

予想レンジはニューヨーク原油(WTI)で1バレル=63~68ドル、北海ブレントで68~73ドルだった。
上昇トレンドは維持するが、ドル安の一服などを背景に、足踏み状態になるとみている。
 国際通貨基金(IMF)が見通しを上方修正したように、世界経済は好調だ

【20180126】

ただ、米国の供給引き締まりを受けて、下げ幅は限定された。
 トランプ米大統領が「強いドルを望んでいる」と発言した後、ドルは主要通貨バスケットに対して上伸した。
前日にはムニューシン米財務長官がドル安を歓迎する発言をしていた

【20180126】

米国産標準油種WTIの中心限月3月物の清算値は前日比0.10ドル(0.15%)安の1バレル=65.51ドルだった。
4月物の清算値は0.01ドル高の65.37ドルだった。
 原油相場は前日から堅調に推移した。
需給不均衡の是正期待やドル安進行に伴う割安感を追い風に、朝方には一時66.66ドルまで上昇した

【20180126】

米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間在庫統計で大幅な取り崩しが示されたものの、相場上昇を受けた利食い売りが出た。
 2月きりの清算値は前日比6.2セント(1.8%)安の100万BTU(英国熱量単位)当たり344.7セント

【20180126】

日中立ち会いは、25日の欧米原油相場が、ドル高を背景に反落した流れを引き継ぎ、売り先行で始まった。
その後は、ニューヨーク原油(WTI)相場の戻りを眺めて下げ幅を縮小する場面もあったが、円相場の引き締まりを映し、軟調地合いからは抜け出せなかった

【20180126】

午前11時現在は、中心限月の6月先ぎりが前日比160円安の4万4840円、他は当ぎりの10円高を除き160~190円安。
トランプ米大統領のドル高希望発言を受けて、25日のニューヨーク原油(WTI)が下落したことから、日中立ち会いは売りが先行した

【20180126】

トランプ米大統領のドル高希望発言を背景に、取引中のニューヨーク原油(WTI)相場が下落しているのを眺め、売りが先行している。
 製品も軟調。中心限月7月きりの始値は、ガソリンが170円安の6万1130円、灯油は80円安の6万0050円

【20180125】

米原油在庫が10週連続の取り崩しとなったことが好感された。
ただ、製油所稼働率が低下する一方で産油量は増加し、この先数週間以内に原油在庫が増加する可能性が示された

【20180125】

2月第1週に寒波の影響で暖房需要の増加が見込まれる一方、解凍により生産を再開したガス田が、新たに凍結する可能性が材料視された。
 トレーダーは、今週の在庫週報で大規模な取り崩しが示され、総在庫が平年の水準を約16%下回るとの予想にも着目した

【20180125】

WTI中心限月の3月物の清算値は前日比1.14ドル(1.77%)高の1バレル=65.61ドルだった。
4月物の清算値は1.05ドル高の65.36ドルだった。
 米エネルギー情報局(EIA)がこの日午前に発表した19日までの1週間の米原油在庫は前週比110万バレル減と10週連続で取り崩しとなった。
減少幅は市場予想(ロイター通信調べ)の160万バレル減をやや下回ったものの、ほぼ市場予想通りとの見方が広がり、米国内の供給過剰懸念が和らいで原油に買いが入った

【20180125】

日中立ち会いは、24日の欧米原油相場が、米原油在庫の減少を材料に続伸したことから、買いが先行して始まった。
寄り後は、為替の円高・ドル安が圧迫材料になる中、ニューヨーク原油(WTI)相場高を支援に、底堅く推移した


01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97
98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 ex
[2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 10 11 12 [2018] 01 02

レアメタル 買取特殊金属買取取扱材料技術
レアメタル 買取、スクラップ 買取、特殊金属、レアメタルなら[レアメタル買取センター]にお任せください。

[TOP]