シフォンブラウス 長袖 半袖 シフォンブラウス 長袖 半袖 白黒 レディースファッション通販
シフォンブラウス 白黒  シフォンブラウス 半袖
レアメタル 買取  金メッキ 買取  金・貴金属買取  レアメタル 買取  鉄・非鉄金属 買取  レアメタル 買取
レアメタル 買取 特殊金属 買取 レアメタル 買取
金現物相場 [2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02 07 08 09 10 11
[2019] 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11
金銀銅 [2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02 03 04
[2019] 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11
石油 [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
トウモロコシ [2017] 10 11 12 [2018] 01 02

【20190330】
週末29日のロンドン自由金市場は反発した。
金塊相場は1オンス=1295.725ドルと、前日終値比5.495ドル高で引けた。
 金塊は前日の大幅安から一転、反発した。
英国のヨーロッパ連合(EU)離脱の不透明感などが手掛かり材料になった

【20190330】
 白金7月きりは反発した。
清算値は前日比10.30ドル(1.22%)高の1オンス=854.10ドルとなった。
 パラジウム6月きりは4日ぶりに反発した。清算値は同32.10ドル(2.45%)高の1オンス=1341.80ドルだった。

【20190329】
 吉中晋吾・バーグインベスト代表=ニューヨーク金先物相場の中心限月は水準を切り下げ、現在は節目の1300ドルを割り込んでいる。
ただ、さらに大きく値下がりせず、目先は底堅く推移する見込み。1280ドルに近づくような下落局面では、買いが入りやすいとみている。
取引レンジの上限は、今年上半期は1350~1360ドル程度と想定している

【20190329】
 28日の金現物相場はドルの上昇を背景に1%余り下落し、2週間超ぶりの安値を付けた。
アメリカ東部時間午後1時49分(1749GMT)時点では1.5%安の1オンス=1290.51ドルだった。
主要なサポート水準の1300ドルを割り込んだ。
ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月きりの清算値は1.6%安の1289.80ドルだった。
 キッコ・メタルズのグローバル・トレーディング・ディレクターのピーター・ハッグ氏は、新たに材料が出てくるまでは、金相場はドルを手掛かりにするだろうと指摘

【20190329】
 金は続落。終値は、中心限月2020年2月先ぎりが前日比52円安の4582円、ほかが50~51円安。
日中立ち会いは、前日のニューヨーク金先物相場が対ユーロでのドル高に伴う割安感から下落した流れを引き継ぎ、売りが先行して始まった。
その後は円相場の軟化を受けやや値を戻す場面もあったが、引けにかけてはNYの軟調推移の弱材料が勝り弱含んだ

【20190329】
 金は下げ幅縮小。
午前11時現在、中心限月2020年2月先ぎりは前日比45円安の4589円、ほかが39~46円安。
日中立ち会いは、前日のニューヨーク金先物相場の下落を映し、続落して始まった

【20190329】
 金は続落。中心限月2020年2月先ぎりの始値は、前日比48円安の4586円。
日中立ち会いは、前日のニューヨーク金先物相場が対ユーロでのドル高に伴う割高感を背景に下落した流れを引き継ぎ、売りが先行して始まった。
 銀は安い

【20190329】
28日のロンドン自由金市場は大幅3日続落となり、金塊相場は1オンス=1290.23ドルと、前日終値比20.365ドル安で引けた。
約2週間ぶりに終値で1300ドルを割り込んだ。
 パラジウム相場が連日の急落となっており、金塊相場にとっても重しとなった

【20190329】
 先物は続落。5月きりの清算値は32.5セント安の1497.3セント。
 現物はアメリカ東部時間午後1時49分(1749GMT)時点で、2.1%安の1497セント。
(ロイター時事)

【20190329】
 白金7月きりは下落し、清算値は前日比18.40ドル(2.13%)安の1オンス=843.80ドルとなった。
 パラジウム6月きりは3日続落。清算値は同111.80ドル(7.86%)安の1オンス=1309.70ドルと大幅安となった。

【20190329】
 ヨーロッパ時間29日午前の金現物相場は横ばい。
主にドル高や株価の影響を受けて、月間ベースの下落率は2018年8月以来の大きさとなる見込み。  金現物は0620GMT(日本時間午後3時20分)時点で、横ばいの1オンス=1290.34ドルだった。
前日は約1.5%安だった。
 週間ベースでは4週間ぶりの下落となる見通し

【20190328】
 28日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、ドル高・ユーロ安の進行に伴う割高感に圧迫され、下落した。
中心限月6月物の清算値は前日比21.60ドル(1.64%)安の1オンス=1295.30ドルだった。
 この日は外国為替市場でドル高・ユーロ安が進行。
ドル建てで取引される金は割高感に押され、相場は早朝からほぼ一本調子で下落した

【20190328】
 27日の金現物相場は下落。世界経済をめぐる懸念が世界の株価を押し下げたが、安全な投資先と見なされてきた金への支援効果は限定的だった。
ドル高も圧迫要因。
 金現物はアメリカ東部時間午後2時13分(1813GMT)時点で、0.4%安の1オンス=1310.56ドルだった。
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月きりの清算値は0.3%安の1310.4ドルだった。
 投資家は28日に北京で再開される閣僚級の米中貿易協議や、メイ首相が議会で2度否決された政府の離脱案の可決を目指す英国の緊迫した展開に注目している

【20190328】
 金は3営業日ぶりに反落した。
終値は、中心限月2020年2月先ぎりが前日比34円安の4634円、ほかは34~38円安。
日中立ち会いは、前日のニューヨーク金先物相場が対ユーロでのドル高に伴う割高感を背景に下落したほか、円相場が引き締まったことから、売りが先行して始まった。
その後、下げ幅を拡大する場面があったものの、NY金の底堅さを受けて下げ渋った

【20190328】
 金は下げ幅拡大。
午前11時現在、中心限月2020年2月先ぎりが前日比44円安の4624円、ほかは37~48円安。
日中立ち会いは、前日のニューヨーク金先物相場の下落や為替相場の円高・ドル安を受け、3営業日ぶりに反落して始まった

【20190328】
 金は3営業日ぶりに反落した。
中心限月2020年2月先ぎりの始値は、前日比27円安の4641円。
日中立ち会いは、27日のニューヨーク金先物相場が対ユーロでのドル高に伴う割高感を背景に下落したほか、円相場が引き締まっていることから、売りが先行して始まった。
 銀は小安い

【20190328】
27日のロンドン自由金市場は続落となり、金塊相場は1オンス=1310.595ドルと、前日終値比3.49ドル安で引けた。
 外国為替相場のドルの強含みが重しとなったほか、パラジウム相場の急落なども手掛かりとなった。
CMCマーケッツのデービッド・マッデン氏は「金塊はそれでも心理的な節目として重要な1300ドルを上回っており、まだ居心地のよい水準だ」と述べた

【20190328】
 先物は続落。5月きりの清算値は13.1セント安の1529.8セント。
 現物はアメリカ東部時間午後2時13分(1813GMT)時点で、0.9%安の1529セント。
(ロイター時事)

【20190328】
 白金4月きりは3営業日ぶりに反落し、清算値は前日比3.30ドル安の1オンス=856.50ドルとなった。
 パラジウム6月きりは大幅続落。清算値は同94.40ドル(6.23%)安の1オンス=1421.50ドルとなった。
投資家が最近の最高値更新を受けて利益確定の売りを出したほか、世界的な景気減速懸念を背景に需要減退への不安が広がった

【20190328】
 ヨーロッパ時間28日午前の金現物相場はほぼ横ばい。
金現物は0541GMT(日本時間午後2時41分)現在、1オンス=1311.29ドルでほぼ変わらずとなっている。
ドル高が重しとなり、一時は1週間ぶり安値を付けた

【20190327】
 27日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、ドル高・ユーロ安基調に伴う割高感に押されて売りが優勢となり、続落した。
中心限月4月物の清算値は前日比4.60ドル(0.35%)安の1オンス=1310.40ドルだった。
 外国為替市場ではこの日もドル高・ユーロ安基調が継続。
ドル建てで取引される金塊などの商品に割高感が強まった上、買い持ち筋の手じまい売りなども出たことから、午前中には一時1308.10ドルまで下落した

【20190327】
 26日の金現物相場は反落した。
米景気後退の可能性に対する懸念が和らぐ中、ドル相場やリスク選好意欲が回復し、安全資産としての需要が低下した。
 金現物はアメリカ東部時間午後1時55分(1755GMT)時点で、0.5%安の1オンス=1313.82ドルだった。
前日は一時、2月28日以来の高値となる1324.33ドルまで上昇した。
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月きりの清算値は0.6%安の1315.00ドルだった。
 TDセキュリティーズ(トロント)の商品ストラテジスト、バート・メレク氏は「ドル安基調がやや反転したと同時に、米金利も安値圏から戻した」と説明。「堅調なドル相場は(金にとって)大きな障害だ

【20190327】
 26日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、ドル高・ユーロ安の先行に伴う割高感などに圧迫され、4営業日ぶりに反落した。
中心限月4月物の清算値は前日比7.60ドル(0.57%)安の1オンス=1315.00ドルだった。
 この日の外国為替市場では、早朝からドル高・ユーロ安が進行。
ドル建てで取引される金の割高感につながり、相場の重しとなった

【20190327】
 金は続伸した。
終値は、中心限月2020年2月先ぎりが前日比10円高の4668円、ほかは10~12円高。
日中立ち会いは、為替相場の円安・ドル高を受け、買いが先行して始まった。
その後、やや上げ幅を拡大する場面があったものの、ニューヨーク金先物相場の戻り一服を眺め、もみ合いが続いた

【20190327】
 金は上伸した。
午前11時現在、中心限月2020年2月先ぎりが前日比14円高の4672円、ほかは14~17円高。
日中立ち会いは、為替相場の円安・ドル高を受け、続伸して始まった。
その後も、ニューヨーク金先物相場の戻りを眺め、やや上げ幅を広げている

【20190327】
 金は続伸した。
中心限月2020年2月先ぎりの始値は、前日比12円高の4670円。
日中立ち会いは、前日のニューヨーク金先物相場が対ユーロでのドル高に伴う割高感を背景に下落したものの、円相場の軟化を受け、買いが先行して始まった。
 銀は動意薄

【20190327】
26日のロンドン自由金市場は4営業日ぶりに反落し、金塊相場は1オンス=1314.085ドルと、前日終値比7.315ドル安で引けた。
 前週末に強まった景気減速懸念から一転、投資家のリスク回避姿勢が和らぎ、株高なども進んだため、安全資産とされる金塊は売りが先行した。
 金塊は1318.365ドルで寄り付き、午前は1315.25ドルで値決めされた

【20190327】
 先物は反落した。
5月きりの清算値は13.8セント安の1542.9セント。
 現物はアメリカ東部時間午後1時55分(1755GMT)時点で、0.7%安の1542セント。
(ロイター時事)

【20190327】
 白金4月きりは続伸し、清算値は前日比2.10ドル高の1オンス=859.80ドルとなった。
 一方、パラジウム6月きりは反落した。
清算値は同27.50ドル安の1オンス=1515.90ドルとなった。

【20190327】
 ヨーロッパ時間27日午前の金現物相場は横ばい。
米国債金利の低下やアメリカ経済指標の悪化で、米国が景気後退(リセッション)に陥るとの懸念が高まったことで、株式相場は圧迫されていた。
 金現物は0603GMT(日本時間午後3時03分)時点で、1オンス=1315.58ドルと横ばい

【20190326】
 週明け25日の金現物相場は上伸し、3週間超ぶりの高値を付けた。
ドル安に支援されたほか、世界経済の減速懸念で安全資産としての金需要が高まった。
 金現物はアメリカ東部時間午後1時56分(1756GMT)時点で、0.7%高の1オンス=1322.70ドルと、2月28日以来の高値水準


01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97
98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 ex
金現物相場 [2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02 07 08 09 10 11
[2019] 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11
金銀銅 [2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02 03 04
[2019] 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11
石油 [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
トウモロコシ [2017] 10 11 12 [2018] 01 02

レアメタル 買取特殊金属買取取扱材料技術
レアメタル 買取、スクラップ 買取、特殊金属、レアメタルなら[レアメタル買取センター]にお任せください。