シフォンブラウス 長袖 半袖 シフォンブラウス 長袖 半袖 白黒 レディースファッション通販
シフォンブラウス 白黒  シフォンブラウス 半袖
レアメタル 買取  金メッキ 買取  金・貴金属買取  レアメタル 買取  鉄・非鉄金属 買取  レアメタル 買取
レアメタル 買取 特殊金属 買取 レアメタル 買取
金現物相場 [2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02 07 08 09 10 11 12
[2019] 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
金銀銅 [2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02 03 04
[2019] 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
石油 [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
トウモロコシ [2017] 10 11 12 [2018] 01 02

【20190427】
 26日の金現物相場は上伸した。
この日発表された米GDP(国内総生産)統計で、GDP伸び率は全般に堅調だったものの、インフレ動向を示すコアPCE指標が弱く、ドル安が進行したことを受けた。
 金現物は1816GMT(日本時間27日午前3時16分)時点で、0.7%高のオンス当たり1286.41ドルだった。
一時1288.59ドルと、16日以来の高値を付けた。
 金現物は23日、昨年12月以来の安値となる1265.90ドルに沈んだが、その後は上げに転じ、週ベースでは約1%高となった

【20190427】
 週末26日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、米国内総生産(GDP)統計を受けて対ユーロでドル安が進んだことを背景に買われ、3日続伸した。
中心限月6月物の清算値は、前日比9.10ドル(0.71%)高の1オンス=1288.80ドルだった。
 米商務省が朝方発表した2019年1~3月期の実質GDP(国内総生産)速報値は、季節調整済み年換算で前期比3.2%増と、市場予想(ロイター通信調べ)の2.0%増を大幅に上回った。
しかし、GDP統計ではアメリカ経済を支える個人消費や設備投資が振るわず、景気の先行きに慎重な見方が広がった上、個人消費支出(PCE)物価指数のコアが前期から大幅鈍化した

【20190427】
週末26日のロンドン自由金市場は3日続伸となり、金塊相場は1オンス=1287.52ドルと、前日終値比7.485ドル高で引けた。
 外国為替相場のドル安を眺めて、ドル建てで取り引きされる金塊は買いが先行した。
アッセンド・マーケッツのマイク・ファンダルケン氏は「金塊は4月16日以降、思いの外踏ん張っている」との見方を示した

【20190427】
 先物は反発した。5月きりの清算値は12.6セント高の1500.5セント。
 現物はアメリカ東部時間午後2時16分(1816GMT)時点で、0.7%高の1504セント。
(ロイター時事)

【20190427】
 白金7月きりは続伸し、清算値は前日比13.90ドル高の1オンス=903.60ドルとなった。
 一方、パラジウム6月きりは4日続伸した。
清算値は同40.30ドル高の1オンス=1447.20ドルとなった。

【20190426】
 25日の金現物相場は上昇し、約1週間ぶりの高値を付けた。
ドルの小幅安や、リスク資産への需要が冷え込む中、世界的な株価下落が背景だった。
 金現物は1738GMT(日本時間26日午前2時38分)で、0.2%高の1オンス当たり1276.93ドルだった。
一時は1282.38ドルと、16日以来の高値を付けた。
 TDセキュリティーズの商品戦略部門責任者、バート・メレク氏は「株式相場が若干弱まったことで、ボラティリティーは少し高まった。
リスクも上昇している」と話した

【20190426】
 金は続伸した。
終値は、中心限月2020年4月先ぎりが前日比8円高の4590円、ほかは3~8円高。
日中立ち会いは、為替相場の円高・ドル安を受け、売りが先行して始まった。
その後は、ニューヨーク金先物相場の堅調や円相場の軟化を眺めて水準を切り上げ、全限月がプラス圏で取引を終えた

【20190426】
 金は総じて切り返す。
午前11時現在、中心限月2020年4月先ぎりが前日比4円高の4586円、ほかは変わらず~7円高。
日中立ち会いは、為替相場の円高・ドル安を受け、小反落して始まった

【20190426】
 金は小反落した。
中心限月2020年4月先ぎりの始値は、前日比6円安の4576円。
日中立ち会いは、取引中のニューク金先物相場が前日の東京市場大引け時を上回っているものの、為替の円高・ドル安を受け、売りが先行して始まった。
 銀は小動き

【20190426】
25日のロンドン自由金市場は続伸となり、金塊相場は1オンス=1280.035ドルと、前日終値比5.145ドル高で引けた。
午後にドルが対円・ユーロで軟化したことで、金塊相場を後押しした。
 オアンダのクレイグ・アーラム氏は「節目の1280ドルを割り込んだ後だけに、1260ドルまで下値を探る展開だ

【20190426】
 先物は反落した。
5月きりの清算値は3.7セント安の1487.9セント。
 現物はアメリカ東部時間午後1時38分(1738GMT)時点で小幅安の1491.0セント。
(ロイター時事)

【20190426】
 白金7月きりは4営業日ぶりに反発した。
清算値は前日比1.10ドル高の1オンス=889.70ドルとなった。
 一方、パラジウム6月きりは小幅ながら3日続伸した。
清算値は同1.80ドル高の1オンス=1406.90ドルとなった。

【20190426】
 ヨーロッパ時間26日朝の金現物相場は上昇。
1~3月期の米国内総生産(GDP)の発表を控える中、世界成長の鈍化兆候を受けて、安全資産の金に対する投資家の関心が再び高まった。
 金現物は0813GMT(日本時間午後5時13分)時点で、0.4%高の1オンス=1281.69ドルだった。
週間では0.5%高と、3月22日で終わる週以来の上昇となる見通し

【20190425】
 25日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、米株安などを背景に一時買いを集めたものの、あと横ばい圏で小動きとなった。
中心限月6月物の清算値は、前日比0.30ドル(0.02%)高の1オンス=1279.70ドルだった。
 早朝ごろまでは最近の弱地合いが継続する形で軟調に推移した。
しかし、この日の米株式相場が一部企業の低調な決算などを材料に下落したほか、外国為替市場でドルが対ユーロで一時軟化したこともドル建てで取引される商品の割高感を和らげ、金相場は一時1284.80ドルまで上昇した。
この日発表された海外の経済指標がさえず、世界的な景気減速に対する警戒感が再燃したことも、安全資産とされる金塊への資金流入を促したもよう

【20190425】
 24日の金現物相場は、小高い。
ドル高に圧迫されているものの、米株高が一服したことで、前日付けた約4カ月ぶりの安値から回復した。
 金現物は1735GMT(日本時間26日午前2時35分)時点で、0.3%高のオンス当たり1276.50ドルだった。
前日は1265.90ドルと、昨年12月26日以来の安値を付けた

【20190425】
 24日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、前日の下落を受けた反動などから買い戻しが入り、反発した。
6月物の清算値は前日比6.20ドル(0.49%)高の1オンス=1279.40ドルだった。
 前日の金相場が約4カ月ぶりの安値を付けていた反動から、この日は安値拾いの買いや持ち高調整目的の買い戻しが入った。
また、米株相場が主要企業のさえない決算を受けておおむね弱含みに推移する中、投資家のリスク選好姿勢が減退

【20190425】
 金は3営業日ぶりに反発した。終値は、2020年4月先ぎりが前日比30円高の4582円、ほかが26~33円高。
日中立ち会いは、前日のニューヨーク金先物相場が安値拾いの買いに上昇したほか、為替の円安・ドル高を受け、買いが先行して始まった。
その後は、NY金と円相場が動意を欠く中、決め手難からもみ合いが続いた

【20190425】
 金は高寄り後、もみ合い。
午前11時現在、2020年4月先ぎりが前日比28円高の4580円、他限月は25~29円高。
日中立ち会いは、ニューヨーク金先物相場の上昇、為替相場の円安・ドル高を受け、3営業日ぶりに反発して始まった

【20190425】
 金は3営業日ぶりに反発した。2020年4月先ぎりの始値は、前日比31円高の4583円。
日中立ち会いは、24日のニューク金先物相場が安値拾いの買いなどで上昇した上、円相場が下落していることから、高寄りした。
 銀はまちまち。  白金は3日ぶりに反発した。円の緩みを眺め、先ぎりが6円高の3187円で寄り付いた

【20190425】
24日のロンドン自由金市場は反発した。
金塊相場は1オンス=1274.89ドルと、前日終値比6.06ドル高で引けた。
手掛かり材料に乏しい中、前日売られた分の買い戻しが入った。
 金塊は1269.91ドルで寄り付き、午前は1273.80ドルで値決めされた

【20190425】
 先物は反発した。5月きりの清算値は12.5セント高の1491.6セント。
 現物はアメリカ東部時間午後1時35分(1735GMT)時点で、1%高の1496セント。
一時、1471セントと昨年12月26日以来の安値を付けた

【20190425】
 白金7月きりは3日続落し、清算値は前日比5.20ドル安の1オンス=888.60ドルだった。
 一方、パラジウム6月きりは続伸した。
清算値は同29.50ドル高の1オンス=1405.10ドルとなった。

【20190425】
 ヨーロッパ時間25日朝の金現物相場はほぼ横ばい。
株安や各国の弱い経済指標が支援材料となったが、ドル高が重しとなった。
 金現物は0548GMT(日本時間午後2時48分)時点で、変わらずの1オンス=1275.51ドルだった。
 ドイツのIFO経済研究所が発表した4月の業況指数の低下を嫌気して、アジア株は値を下げた

【20190424】
 23日の金現物相場は下落し、約4カ月ぶりの安値を付けた。
ドル高が重しとなったほか、投資家はリスク資産を求め、安全資産としての金の魅力が薄れた。
 金現物はアメリカ東部時間午後1時48分(1748GMT)時点で、0.3%安の1オンス=1271.36ドルだった。
一時は1265.90ドルと昨年12月26日以来の安値に沈んだ

【20190424】
 23日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、ドル高・ユーロ安の進行に伴う割高感に押され、反落した。
6月物の清算値は前日比4.40ドル(0.34%)安の1オンス=1273.20ドルと、中心限月ベースで昨年12月下旬以来約4カ月ぶりの安値を付けた。
 外国為替市場では、早朝からドル高・ユーロ安が進行

【20190424】
 23日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、ドル高・ユーロ安の進行に伴う割高感に押され、反落した。
6月物の清算値は前日比4.40ドル(0.34%)安の1オンス=1273.20ドルと、中心限月ベースで昨年12月下旬以来約4カ月ぶりの安値を付けた。
 外国為替市場では、早朝からドル高・ユーロ安が進行

【20190424】
 23日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、ドル高・ユーロ安の進行に伴う割高感に押され、反落した。
6月物の清算値は前日比4.40ドル(0.34%)安の1オンス=1273.20ドルと、中心限月ベースで昨年12月下旬以来約4カ月ぶりの安値を付けた。
 外国為替市場では、早朝からドル高・ユーロ安が進行

【20190424】
 23日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、ドル高・ユーロ安の進行に伴う割高感に押され、反落した。
6月物の清算値は前日比4.40ドル(0.34%)安の1オンス=1273.20ドルと、中心限月ベースで昨年12月下旬以来約4カ月ぶりの安値を付けた。
 外国為替市場では、早朝からドル高・ユーロ安が進行

【20190424】
 金は続落。終値は、中心限月2020年2月きりが前日比12円安の4555円、ほかは9~14円安。
新ポ20年4月きりは発会値(4563円)比11円安の4552円。
日中立ち会いは、23日のニューク金先物相場がドル高を背景に反落したことから、売りが先行して始まった

【20190424】
 金は安寄り後、もみ合い。
午前11時現在、中心限月2020年2月きりが前日比5円安の4562円、ほかは3~6円安。
新ポ20年4月きりは発会値(4563円)比3円安の4560円

【20190424】
 金は小幅続落。中心限月2020年2月きりの始値は、前日比2円安の4565円。
日中立ち会いは、23日のニューク金先物相場がドル高・ユーロ安に伴う割高感を背景に下落した流れを受け継ぎ、売りが先行して始まった。
新ポ20年4月きりは2円下ざやの4563円で発会した


01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97
98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 ex
金現物相場 [2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02 07 08 09 10 11 12
[2019] 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
金銀銅 [2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02 03 04
[2019] 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
石油 [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
トウモロコシ [2017] 10 11 12 [2018] 01 02

レアメタル 買取特殊金属買取取扱材料技術
レアメタル 買取、スクラップ 買取、特殊金属、レアメタルなら[レアメタル買取センター]にお任せください。