金メッキ 買取  金・貴金属買取  レアメタル 買取  レアメタル 買取  鉄・非鉄金属 買取  レアメタル 買取
金現物相場 [2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
金銀銅 [2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
石油 [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
トウモロコシ [2017] 10 11 12 [2018] 01 02

【20171031】
トウモロコシは続落。終値は、中心限月の2018年11月先ぎりが前日比70円安の2万1810円、他限月は40~160円安。
その後は、新規の手掛かり材料に乏しく、レンジ内でもみ合った
 一般大豆は、18年10月先ぎりが210円安の4万7550円、他限月は10円安~10円高

【20171031】
続伸した。
終値は前日比変わらず~110円高。
ただ、買い一巡後は様子見ムードが広がり、動意を欠いた

【20171031】
トウモロコシは安寄り後、もみ合い。
日中立ち会いは、為替の円高・ドル安を受け、続落して始まった
その後は、決め手難から狭い範囲で推移している

【20171031】
堅調。日中立ち会いは、新規の手掛かり材料に乏しい中、小口の買いに引き締まっている。


【20171031】
トウモロコシは続落。2018年12月先ぎりの始値は、前日比60円安の2万1820円。
 一般大豆は午前8時50分現在、日中取引で出合いがない

【20171031】
菜種は4営業日ぶりに反落した。
新年度の収穫で供給が潤沢なほか、利益確定の売りに押された。


【20171031】
4営業日続落。世界的に潤沢な供給や、米国産の輸出需要低迷が相場を圧迫した。


【20171031】
変わらず。
 12月きりの清算値は変わらずの348.75セント

【20171031】
大豆ミールは堅調。12月きりの清算値は0.20ドル高の312.30ドルだった。
大豆油は反落した。
12月きりの清算値は0.16セント安の34.68セント。


【20171031】
反落した。
ブラジルの降雨予報やテクニカルな売りが相場を圧迫した。
今作付けシーズンは乾燥した天気で始まっており、降雨は発芽などの助けになるとみられる
 中心限月1月きりの清算値は2.00セント安の984.50セント

【20171031】
新潟コシヒカリは下落。終値は、2018年10月先ぎりが前日比100円安の1万5450円、他の限月は横ばい~110円安。
 大阪コメは期中が急伸
終値は当、先ぎりが横ばい、12月きり~18年3月きりが150~300円高

【20171030】
堅調。終値は、2018年4月先ぎりが前週末比20円高の1万3240円、ほかが20~90円高。


【20171030】
トウモロコシは反落した。
終値は、2018年11月先ぎりが前週末比220円安の2万1880円、ほかが60~230円安。
その後は、決め手材料を欠く中、狭い範囲でのもみ合いが続いた
 一般大豆は小動き

【20171030】
トウモロコシは安寄り後、動意薄。
当ぎりは出合いがない
日中立ち会いは、27日のシカゴ相場安と円相場の引き締まりを受け、反落して始まった

【20171030】
堅調。日中立ち会いは、独自の手掛かり材料に乏しい中、小口の買いが入っている。
期近2限月は約定されていない

【20171030】
トウモロコシは反落した。
2018年11月先ぎりの始値は、前週末比100円安の2万2000円。
 一般大豆は午前8時50分現在、日中取引で出合いがない

【20171030】
新潟コシヒカリはまちまち。もちあいで始まり、前場2節で2018年4、6、10月きりが実需売りに軟化する一方、期近2限月は前場3節で水準を切り上げた。
終値は、18年10月先ぎりが前週末比140円安の1万5550円、他限月が100円安~140円高
 東京コメは横ばいで推移した後、後場2節で11月当ぎりが上昇、最終節で当ぎりと期先3限月が小幅な値動きとなった

【20171028】
【シカゴ時事】来週のシカゴ商品取引所(CBOT)の穀物先物相場は、手掛かり材料難から方向感の乏しい展開となりそうだ。
 米農務省のクロップ・プログレス(22日現在)によると、大豆の収穫率は前週比21ポイント上昇の70%となった
前年(74%)や過去5年平均(73%)の水準にほぼ追いつき、収穫遅れの懸念は和らいだ

【20171028】
菜種は3日続伸した。
カナダ・ドル安と、中国での圧砕マージン改善で輸出交渉に弾みがつくとの見方が相場を支えた。


【20171028】
3日続落。ドル高が米国産の輸出需要の重しとなった。
 ドルが3カ月ぶり高値に上伸したことが重しとなったほか、世界的に潤沢な供給が輸出業者に購入で多様な選択肢を与えている
 国際穀物理事会(IGC)は26日、今シーズンの小麦在庫は記録的な水準に膨らむと予想した

【20171028】
3日続落。小麦相場の下落に追随した。
 12月きりの清算値は1.75セント安の348.75セント
週間では1.2%高となった

【20171028】
大豆ミールは変わらず。
週間ベースでは4週連続の上昇となった

【20171028】
反発した。中心限月11月きりは40日移動平均が下値支持線となり、テクニカルな買いが入った。
 堅調な現物市場も支援材料となった
農家が最近収穫した大豆を現在の価格水準で売却することをためらったことが背景だった。

【20171027】
豊商事法人営業部の七原匠郎氏=来週のシカゴ・トウモロコシ相場は、手掛かり材料に乏しい中、大きく動かないとみている。
 12月きりは現在、350セント近辺が居心地の良い水準のようだ
米主産地は11月に収穫本番を迎えるが、収穫作業は平年に比べ遅れ気味。ただ、生産量が大きく減少することはなく、今年も豊作がほぼ確定している

【20171027】
総じて堅調。終値は、中心限月2018年3月きりが前日比90円高の1万3250円、ほかは変わらず~100円高。
日中立ち会いは、新規の手掛かり材料に乏しい中、小口の整理買いが優勢だった

【20171027】
トウモロコシは上昇。
日中立ち会いは、26日のシカゴ相場がテクニカル面の売りに続落したものの、為替が円安・ドル高に振れたことから、高寄りした
その後も、円相場の軟化を眺め、やや水準を切り上げた

【20171027】
トウモロコシは高寄り後、上げ幅拡大。
日中立ち会いは、26日のシカゴ相場がテクニカル面の売りに続落したものの、為替が円安・ドル高に振れたことから、上昇して始まった
その後も、円相場の軟化を眺め、総じて水準を切り上げている

【20171027】
堅調。午前10時半現在、2018年3月きりが前日比90円高の1万3250円、18年1月きりが70円高。
新ポ18年4月きりは18年3月きり日中始値に比べ40円下ざやの1万3160円で発会した後、水準を切り上げている
日中立ち会いは、新規の手掛かり材料に乏しい中、一部に小口の買いが入っている

【20171027】
トウモロコシは上昇。
日中立ち会いは、26日のシカゴ相場がテクニカル面の売りに続落したものの、為替が円安・ドル高に振れたことから、買いが先行して始まった
 一般大豆は午前8時50分現在、日中の出合いがない

【20171027】
菜種は、カナダ・ドル安を背景に続伸した。
トレーダー筋によると、中国への新規輸出契約をめぐる臆測も支援材料となった。


【20171027】
続落。12月きりの清算値は3.75セント安の431.75セント。



01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97
98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97
98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ex
[2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 10 11 12 [2018] 01 02

レアメタル 買取特殊金属買取取扱材料技術
レアメタル 買取、スクラップ 買取、特殊金属、レアメタルなら[レアメタル買取センター]にお任せください。

[TOP]