金メッキ 買取  金・貴金属買取  レアメタル 買取  レアメタル 買取  鉄・非鉄金属 買取  レアメタル 買取
金現物相場 [2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
金銀銅 [2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
石油 [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
トウモロコシ [2017] 10 11 12 [2018] 01 02

【20171230】

 3月きりの清算値は1.40ドル高の488.70ドルだった。
1月きりは2.90ドル安の480.40ドルだった。

【20171230】

通年では約5%高となり、国際的な大量の在庫を背景とする(昨年までの)4年連続の下落が一服した。
 3月きりの清算値は0.75セント安の427.00セント

【20171230】

米国をはじめ世界での大量な供給が市場を圧迫し、上昇を抑制したことで、2016年末の終値352.00セントとほぼ変わらなかった。
 米市場は年始休暇で1月1日が休場。シカゴ穀物市場は2日に再開する

【20171230】

原油高を受け、前日の下げからほぼ値を戻した。

【20171230】

2017年通年では、米国産や南米産の豊作を反映し、約4%安となった。
 3月きりの清算値は5.00セント高の961.75セント

【20171229】

18年1月当ぎりは出合いがなかった。
年末年始を控える中、期先を中心にポジション整理の買いが入った

【20171229】

日中立ち会いは、前日のシカゴ相場が年末の手じまい売りなどに押され、7営業日ぶりに下落した流れを引き継ぎ、安寄りした。
その後、シカゴの弱地合いを眺め、総じて下げ幅を広げた

【20171229】

午前11時現在、2019年1月先ぎりが前日比30円安の2万2030円、ほかは110円安~変わらず。
日中立ち会いは、前日のシカゴ相場が年末の手じまい売りなどに7営業日ぶりに下落した流れを引き継ぎ、反落して始まった

【20171229】

他限月は出合いがない。
日中立ち会いは、手掛かり材料難の中、玉次第の動きとなっている

【20171229】

日中立ち会いは、前日のシカゴ相場が年末の手じまい売りなどに7営業日ぶりに反落した流れを引き継ぎ、売りが先行して始まった。
 一般大豆は、18年12月先ぎりが続落。シカゴ安を受け、10円安の4万6700円で寄り付いた

【20171229】

テクニカル要因の売りが出た。
 3月きりの清算値は4.90ドル安の487.30ドルだった。
あるトレーダーによると、同限月は6月26日に付けた483.40ドルを試す可能性がある

【20171229】

ただ、米プレーンズでの冬小麦の凍害への懸念で、カンザス市場の冬小麦先物は上伸した。
 シカゴ市場3月きりの清算値は0.25セント安の427.75セント

【20171229】

 3月きりの清算値は1.75セント安の352.00セント。
 米エネルギー情報局(EIA)は、トウモロコシ由来のエタノールの生産量が日量109万バレルに増加したと発表した

【20171229】


【20171229】

南米での天候改善が重しとなった。
 ブラジルでは生育に適した天候が続き、アルゼンチンでも週末は作物に好ましい降雨が予想されている

【20171229】

期先2限月はもちあいで推移した後、最終節で値を消した。
終値は、18年12月先ぎりが30円安の1万5300円、18年10月きりが10円安

【20171228】

先ぎり継続足は11月下旬以来、約1カ月ぶりの安値に沈んだ。
日中立ち会いは、引けにかけて下げ足を速めた前日の弱地合いを引き継ぎ、安寄りした

【20171228】

27日のシカゴ・トウモロコシ相場が、テクニカル要因の買いに6営業日続伸したことを受け、日中立ち会いは高寄りした。
その後は年末を控えて様子見ムードが強まる中、狭い範囲での動きが続いた

【20171228】

午前11時現在、2019年1月先ぎりが前日比100円高の2万2090円、ほかは20~120円高。
日中立ち会いは、前日のシカゴ相場がテクニカル面での買いなどに6営業日続伸した流れを引き継ぎ、上伸して始まった

【20171228】

日中立ち会いは、年末を控え、ポジション整理の売りに押されている。
(了)

【20171228】

日中立ち会いは、前日のシカゴ相場がテクニカル面での買いなどに6営業日続伸した流れを引き継ぎ、買いが先行して始まった。
 一般大豆は午前8時50分現在、日中の出合いがない

【20171228】

 3月きりの清算値は5.60ドル安の492.20ドルだった。
1月きりは6.70ドル安の489.50ドルだった。

【20171228】

 3月きりの清算値は5.75セント高の428.00セント。
 一時はマイナス圏に沈んだが、トレーダーが年末を前にポジション調整を始め、プラスに転じた

【20171228】

一時354.25セントと6日以来の高値を付けた。
 農家の売りが低調なことが、現物と先物相場を支援した

【20171228】

大豆と大豆ミール相場の下落に追随した。
一方で、マレーシア・パーム油は1週間ぶり高値に上昇した

【20171228】

 アルゼンチンでの乾燥天候で、収穫が減少する可能性があるとの懸念が支援材料となり、前日まで2営業日続伸していた。
ただ、週末の降雨で懸念が一部和らぎ、利食い売りが出た

【20171228】

動意乏しく寄り付いたが、前場2節に需給の引き締まり感を背景に2月当ぎりが値を上げ、一部限月を除き買いが広がった。
 東京コメと大阪コメは仕掛け難の中、終日もちあいだった

【20171227】

18年2月きりは出合いがなかった。
日中立ち会いは、薄商いの中、年末年始を控え、ポジション整理の売りが先行した

【20171227】

日中立ち会いは、前日のシカゴ相場、円相場がともに動意を欠いたため、小動きで始まった。
その後も、決め手となる材料が見当たらず、方向感の定まらない展開が続いた

【20171227】

日中立ち会いは、前日のシカゴ相場、円相場がともに動意を欠いたため、小動きで始まった。
その後も、取引中のシカゴが軟調に推移する一方、円は軟化しており、強弱材料の綱引きで方向感を欠いている

【20171227】

期近2限月は出合いがない。
日中立ち会いは、新規の手掛かり材料を欠く中、玉次第の動きとなっている


01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97
98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97
98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
ex
[2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 10 11 12 [2018] 01 02

レアメタル 買取特殊金属買取取扱材料技術
レアメタル 買取、スクラップ 買取、特殊金属、レアメタルなら[レアメタル買取センター]にお任せください。

[TOP]