金メッキ 買取  金・貴金属買取  レアメタル 買取  レアメタル 買取  鉄・非鉄金属 買取  レアメタル 買取
金現物相場 [2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
金銀銅 [2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
石油 [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
トウモロコシ [2017] 10 11 12 [2018] 01 02

下落 19
金塊相場は前日比12.845ドル高の1オンス=1285.70ドルと、6月上旬以来2カ月ぶりの高値で終了した
中心限月2018年6月先ぎりの始値は、前日比4円高の4510円 終値は、中心限月の2018年6月先ぎりが前日比4円高の4510円、他の限月は3~6円高
 金現物は、アメリカ東部時間午後3時7分(1907GMT)時点で、0.8%安の1オンス=1271.58ドルだった

アメリカ政治に関する不透明感やスペイン・バルセロナでのテロ事件を受け、アジアの株式相場が下落する中、安全資産への買いが入った

投資家は北朝鮮をめぐる国際的な緊張に注目しているほか、米国のジャクソンホールで今週開かれる中銀当局者の年次シンポジウムを控え、警戒姿勢を示している

中心限月12月きりの清算値は前週末比5.10ドル(0.39%)高の1オンス=1296.70ドルとなった

トランプ米大統領の発言で政府閉鎖への懸念が高まった

日中立ち会いは、円相場の引き締まりを映し、売りが先行して始まった

中心限月12月きりの清算値は前日比3.70ドル(0.29%)高の1オンス=1294.70ドルとなった

中心限月12月きりの清算値は前週末比17.40ドル(1.34%)高の1オンス=1315.30ドルと、中心限月ベースでは2016年9月30日(1317.10ドル)以来約11カ月ぶりの高値となった

一方、地政学リスクは継続し得るとの観測が安全資産への需要を高め、金相場の支援材料となっている

中心限月2018年8月先ぎりの始値は、前日比6円高の4601円

終値は、中心限月2018年8月先ぎりは前日比14円高の4609円

1オンス=1300ドルを超えた前日の取引からさらに値を上げ、昨年11月以来の高値を付けた

ただ、北朝鮮情勢の緊迫化で安全資産とされる金の下げ幅は縮小し、主要な節目の1300ドルを上回った水準で取引されている

 現物は1808GMT(日本時間午前3時08分)時点で、0.2%高の1737セント

中心限月2018年8月先ぎりの始値は、前日比17円高の4626円

午前11時現在、中心限月2018年8月先ぎりは前日比4円高の4613円、ほかが3~8円高


ランキング [多い順]★
金 122 / 相場 94 / 続伸 46 / アメリカ 45 / 現物 45 /
買い 36 / 立ち会い 35 / ドル高 34 / 円高 34 / 金塊 31 /
反発 31 / 高値 30 / 先行 29 / ドル安 27 / 反落 26 /
終値 25 / 北朝鮮 22 / 上げ 22 / 売り 20 / ヨーロッパ 19 /
金先物 19 / 白金 19 / 下落 19 / 上昇 17 / 日本 16 /
取引所 16 / パラジウム 16 / ロンドン 15 / トランプ 14 / 円安 14 /
始値 14 / 推移 13 / 利上げ 12 / 為替 11 / 続落 9 /
金融 9 / 金相場 8 / 下げ 8 / 後退 8 / インフレ 7 /
急伸 6 / テロ 4 / 資金 4 / 安値 3 / 株価 2 /
アジア 1 / 中国 1 / 香港 1 / 株式 1 / 流出 1 /
反動 1 /
[2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 10 11 12 [2018] 01 02

レアメタル 買取特殊金属買取取扱材料技術
レアメタル 買取、スクラップ 買取、特殊金属、レアメタルなら[レアメタル買取センター]にお任せください。

レアメタル買取  レアメタル買取  レアメタル 買取  鉄・非鉄金属 買取

6つの条件を確認する投資法『株式投資錬金術』




レアメタル買取  レアメタル買取  金・貴金属買取  鉄・非鉄金属 買取
 レアメタル 買取  金メッキ 買取  金メッキ 買取  レアメタル 買取