レアメタル 買取  金メッキ 買取  金・貴金属買取  レアメタル 買取  鉄・非鉄金属 買取  レアメタル 買取
金現物相場 [2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2019] 01 02
金銀銅 [2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2019] 01 02
石油 [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
[2019] 01 02
トウモロコシ [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
[2019] 01 02

【20190417】
16日のロンドン自由金市場は、ドルが買われた局面で売りが加速し、4営業日続落した。
金塊相場は前日比11.09ドル安の1オンス=1276.20ドルで引けた。
 午前は1280ドル台前半を中心に推移した。
午後に入ってドル買いが強まると1280ドルを割り込み、一時1272ドル台と、昨年12月下旬以来約4カ月ぶりの低水準に値を消した

【20190417】
 白金7月きりは続落し、清算値は前日比10.30ドル安の1オンス=884.20ドルとなった。
 パラジウム6月きりも続落。清算値は同6.30ドル安の1オンス=1328.40ドルだった。

【20190416】
 16日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、世界的な景気減速に対する過度の懸念が後退する中、安全資産とされる金には売り圧力がかかり、続落した。
6月物の清算値は前日比14.10ドル(1.09%)安の1オンス=1277.20ドルだった。
中心限月の清算値としては、2018年12月下旬以来約3カ月半ぶりの安値となった。
 この日は目新しい材料はなかったものの、世界経済の成長減速に対する過度の懸念が和らぎ、日米欧などの主要な株価指数が堅調に推移した。
前週末に発表された中国の貿易輸出や新規の銀行融資が大幅に増加したほか、米国内でも3月の就業者数が急回復したことなどが投資家心理の改善につながっている

【20190416】
 15日の金現物相場は下落し、1週間超ぶりの安値を付けた。
ドルは値を下げたものの、米中通商協議の合意に対する期待感からリスク選好の動きが強まった。
 金現物はアメリカ東部時間午後1時45分(1745GMT)時点で、0.2%安の1オンス=1287.61ドルだった。
一時、4日以来の安値となる1281.96ドルを付けた

【20190416】
 週明け15日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、米中貿易協議の進展を背景に売りが先行し、反落した。
中心限月6月物の清算値は前週末比3.90ドル(0.30%)安の1オンス=1291.30ドルだった。
 ムニューシン米財務長官は15日、FOXビジネスとのインタビューで、中国との貿易協議は「大きく前進した」と表明。これを受けて、米中貿易協議が妥結に向けて前進しているとの思惑が広がったことなどから、安全資産とされる金には売り圧力がかかった。
また、金相場は先週、心理的な節目である1300ドルの水準を下回っていたため、テクニカル要因から下向きに傾いたとの見方もあった

【20190416】
 金は3営業日続落。終値は、中心限月2020年2月先ぎりが前日比12円安の4611円、ほかは12~17円安。
日中立ち会いは、ニューヨーク金先物相場が前日の東京市場大引け時を上回っていたことから、総じて買いが先行して始まった。
その後は、円相場が小幅な動きにとどまる中、NY金の軟調を受けて水準を切り下げ、全限月がマイナス圏で取引を終えた

【20190416】
 金はマイナス圏に沈む。
午前11時現在、中心限月2020年2月先ぎりが前日比7円安の4616円、ほかは4~10円安。
日中立ち会いは、ニューヨーク金先物相場が前日の東京市場大引け時を上回っていたことから、総じて3営業日ぶりに小反発して始まった

【20190416】
 金は3営業日ぶりに小反発した。中心限月2020年2月先ぎりの始値は、前日比5円高の4628円。
日中立ち会いは、取引中のニューヨーク金先物相場が、前日の東京市場大引け時を上回っているのを眺め、やや買いが先行している。
 銀は、当ぎりが軟調。  白金は3日続落。NY安を映し、20年2月先ぎりは1円安の3187円で寄り付いた

【20190416】
週明け15日のロンドン自由金市場は、米中貿易協議をめぐる楽観的な見通しを背景に、安全資産としての金塊の訴求力が後退し、3営業日続落した。
金塊相場は前週末比4.99ドル安の1オンス=1287.29ドルで引けた。
 この日はジリ安

【20190416】
 先物は続伸した。
5月きりの清算値は1.2セント高の1497.5セント。
 現物は1745GMT(日本時間16日午前2時45分)時点で、0.2%高の1498セント。
一時、昨年12月26日以来の安値となる1481セントを付けた

【20190416】
 白金7月きりは反落し、清算値は前週末比4.00ドル安の1オンス=894.50ドルとなった。
 パラジウム6月きりも反落した。
清算値は同15.50ドル安の1オンス=1334.70ドルとなった。

レアメタル買取
ランキング [多い順]
金 122 / 相場 94 / 続伸 46 / アメリカ 45 / 現物 45 / 買い 36 / 立ち会い 35 / ドル高 34 / 円高 34 / 金塊 31 /
反発 31 / 高値 30 / 先行 29 / ドル安 27 / 反落 26 / 終値 25 / 北朝鮮 22 / 上げ 22 / 売り 20 / ヨーロッパ 19 /
金先物 19 / 白金 19 / 下落 19 / 上昇 17 / 日本 16 / 取引所 16 / パラジウム 16 / ロンドン 15 / トランプ 14 / 円安 14 /
始値 14 / 推移 13 / 利上げ 12 / 為替 11 / 続落 9 / 金融 9 / 金相場 8 / 下げ 8 / 後退 8 / インフレ 7 /
急伸 6 / テロ 4 / 資金 4 / 安値 3 / 株価 2 / アジア 1 / 中国 1 / 香港 1 / 株式 1 / 流出 1 /
反動 1 /
レアメタル 買取特殊金属買取取扱材料技術
レアメタル 買取、スクラップ 買取、特殊金属、レアメタルなら[レアメタル買取センター]にお任せください。

金現物相場 [2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2019] 01 02
金銀銅 [2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2019] 01 02
石油 [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
[2019] 01 02
トウモロコシ [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
[2019] 01 02

レアメタル買取  レアメタル買取  レアメタル 買取  鉄・非鉄金属 買取
レアメタル 買取  金メッキ 買取  株式投資錬金術 応用編  レアメタル 買取  金メッキ 買取  株式投資錬金術 応用編