シフォンブラウス 長袖 半袖 シフォンブラウス 長袖 半袖 白黒 レディースファッション通販
シフォンブラウス 白黒  シフォンブラウス 半袖
レアメタル 買取  金メッキ 買取  金・貴金属買取  レアメタル 買取  鉄・非鉄金属 買取  レアメタル 買取
レアメタル 買取 特殊金属 買取 レアメタル 買取
金現物相場 [2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02 07 08 09 10 11 12
[2019] 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
金銀銅 [2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02 03 04
[2019] 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
石油 [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
トウモロコシ [2017] 10 11 12 [2018] 01 02

【20190427】
 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値で17.50ドル高の6392.50ドル、3カ月物は8.25ドル高の6387.75ドルと、それぞれ反発した。
カーブ取引は36.00ドル高の6400.00ドルだった。
 英アクセンド・マーケッツのマイク・ファンダルケン氏は「銅はドル安が支援材料となって上昇した。
このところ銅は下げていたため、上昇余地はまだある」と話した

【20190427】
 銅は反発した。5月きりの清算値は2.50セント高の288.65セント。

【20190426】
 【シンガポール・ロイター時事】ヨーロッパ時間26日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上昇。
ドル指数が2年ぶりの高水準から若干低下したほか、米中貿易協議の合意期待が下支えした。
 LMEの銅3カ月物は0740GMT(日本時間午後4時40分)時点で、0.7%高の1トン=6411.50ドルだった。
前日はドル高や、世界経済の見通しをめぐる懸念が重しとなり、3月28日以来の安値を付けた

【20190426】
 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値で62.25ドル安の6375.00ドル、3カ月物は61.50ドル安の6379.50ドルと、それぞれ反落した。
カーブ取引は84.00ドル安の6364.00ドルだった。
 サクデン・フィナンシャルはこの日の非鉄リポートで「LMEの金属相場はドル高が逆風になったほか、中国の景気刺激策の不透明感にも圧迫された。
銅はLME在庫の積み上がりが嫌気され、6440ドル圏から6355ドルまで売られた」と指摘した

【20190426】
 ヨーロッパ時間26日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上昇。
ドル指数の低下に加え、米中通商交渉により貿易摩擦が和らぐとの期待感が相場を下支えした。
 LMEの銅3カ月物相場は1113GMT(日本時間午後8時13分)時点で、0.2%高の1トン=6319ドルだった。
週間では1.5%安

【20190426】
 銅は反落した。
25日発表された1~3月期の韓国の国内総生産(GDP)が予想に反して減少したことが響いた。
 5月きりの清算値は4.85セント安の286.15セント。

【20190425】
 【北京ロイター時事】25日の上海先物取引所では、大半の非鉄相場が上昇。
米中貿易協議への期待感が支援材料となった。
アルミは、消費が増え、在庫が減少するとの見方から約6カ月ぶりの高値を付けた

【20190425】
 ▽銅=銅の直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値で7.75ドル高の6437.25ドル、3カ月物は2.00ドル高の6441.00ドルと、それぞれ3営業日ぶりに上昇した。
カーブ取引は41.00ドル高の6448.00ドルだった。
 サクデン・フィナンシャルはこの日の非鉄リポートで「LMEトレーダーにとって閑散とした1日だった。
明確なシグナルを求めて方向感を探る展開になり、相場の変動(レンジ)は狭く、まちまちだった」と指摘した

【20190425】
 ヨーロッパ時間25日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は下落。ドル指数が約2年ぶりの高水準になったほか、世界経済の先行き懸念が強まり、大半の非鉄相場が下げた。
 LMEの銅3カ月物は1024GMT(日本時間午後7時24分)時点で、0.9%安の1トン=6391.50ドルだった。
 銅は2月末以降、6500ドル付近で足踏み状態となっているが、年初来では約7%上昇している。
 INGのアナリスト、ウォーレン・パターソン氏は「(経済成長をめぐり)依然としてかなりの不透明感がある」と指摘

【20190425】
 銅は反発した。5月きりの清算値は1.65セント高の291.00セント。

【20190424】
 【シンガポール・ロイター時事】24日の上海先物取引所の卑金属相場は下落した。
前日のロンドン金属取引所(LME)相場安に追随したほか、中国当局が景気刺激策を縮小するとの懸念も相場を圧迫した。
銅の中心限月6月きりは0.4%安の1トン=4万8960元で終了

【20190424】
 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値で16.00ドル安の6429.50ドル、3カ月物は16.50ドル安の6439.00ドルと、それぞれ続落した。
カーブ取引は69.00ドル安の6407.00ドルだった。
 サクデン・フィナンシャルはこの日の非鉄リポートで「(連休明けの)今週のLMEは、総じて閑散としたスタートだった。
予想より好内容の企業決算を受けてドルが堅調に推移した結果、非鉄相場はおおむね下落した」と指摘した

【20190424】
 ヨーロッパ時間24日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は反発した。
米中貿易協議妥結と中国の経済成長加速への期待が相場を押し上げた。
 米ホワイトハウスは23日、閣僚らが来週貿易協議のため北京を訪れると明らかにした

【20190424】
 銅は続落。5月きりの清算値は0.80セント安の289.35セント。

【20190423】
 【シンガポール・ロイター時事】ヨーロッパ時間23日朝のロンドン金属取引所(LME)の卑金属相場は、銅とニッケルが下落している。
世界最大の金属消費国、中国の経済に幾分回復の兆しが見られたことを受けて、中国当局が景気刺激策を縮小する可能性が懸念された。
 中国共産党首脳らは19日、レバレッジ解消を推し進め、不動産市場の投機を防ぐ意向を示した

【20190423】
 イースター(復活祭)のため休場。(了) 。

【20190423】
 イースター休暇が明けた、ヨーロッパ時間23日午前のロンドン金属取引所(LME)の卑金属相場は、ニッケルが供給増加の兆候を背景に2カ月ぶりの安値を付けた。
中国経済をめぐって相反する内容のさまざまなシグナルが発せられる中、卑金属全般は強弱まちまちとなっている。
 国際ニッケル研究所(INSG)が22日発表した統計によると、1~2月の世界のニッケル市場の供給不足は5700トンと、前年同期の2万4400トンから大幅に縮小した

【20190423】
 銅は続落。5月きりの清算値は1.85セント安の290.15セント。

【20190422】
 【シンガポール・ロイター時事】22日の上海先物取引所のアルミ相場は、在庫減少をはやした買いに上伸した。
中心限月は1万4200元(2115.36ドル)となり、昨年10月31日以来、約6カ月ぶりの高値となった。
 19日公表の統計によると、アルミ在庫は66万5067トンとなり、2017年11月以来、1年5カ月ぶりの低水準だった。
 CRUのアナリストは「(第2四半期は)力強い需要が見込まれ、アルミ相場はある程度下支えられる可能性が高い」と指摘した

【20190422】
 22日のロンドン金属取引所(LME)は休場。取引は23日に再開される。
(了)

【20190420】
 グッドフライデー(聖金曜日)のため休場。(了) 。

【20190420】
 グッドフライデー(聖金曜日)のため休場。(了) 。

【20190419】
 【北京ロイター時事】19日の上海先物取引所の銅相場は下落。ヨーロッパやアジア市場の一部が聖金曜日(復活前の金曜日)で休日のため、トレーダーは不在となっている。
 上海先物取引所の銅6月きりは0.4%安の1トン=4万9530元で引けた。
週間は0.4%高

【20190419】
 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで63.00ドル安の6445.50ドル、3カ月物は77.00ドル安の6455.50ドルだった。
カーブ取引終値は80.00ドル安の6476.00ドルだった。
 非鉄相場は軟調。銅は反落した。
CMCマーケッツのデービッド・マッデン氏は「銅は前日の上昇を帳消しにした。
中国経済は思ったほど良くないとの見方が広がった」と指摘した

【20190419】
 19日のロンドン金属取引所(LME)は、聖金曜日(復活祭前の金曜日)で休場です。
市況の配信はありません。
(了)

【20190419】
 銅は反落した。
5月きりの清算値は4.75セント安の292.00セント。

【20190418】
 【北京ロイター時事】18日の上海先物取引所のアルミ相場は上昇。
一時は4カ月半ぶり高値を付けた。
オーバーナイトで心理的な節目の1トン=1万4000元を4カ月半ぶりに突破した後、18日も上げ幅を拡大した

【20190418】
 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで49.00ドル高の6508.50ドル、3カ月物は46.00ドル高の6532.50ドルだった。
カーブ取引終値は61.00ドル高の6556.00ドルだった。
 非鉄相場は高安まちまち。銅は続伸した。
中国の1~3月期GDP(国内総生産)が市場予想を上回る伸びとなったことなどが追い風となった。
 ▽アルミ=直物は1.75ドル高の1840.25ドル、3カ月物は2.00ドル高の1857.50ドルだった。
カーブ取引終値は6.00ドル安の1850.00ドルだった。
 ▽ニッケル=直物は20.00ドル安の1万2947.50ドル、3カ月物は42.50ドル安の1万3037.50ドルだった。
カーブ取引は1万2950.00~1万2975.00ドルの気配値で引けた

【20190418】
 ヨーロッパ時間18日午前のロンドン金属取引所(LME)の卑金属相場は、亜鉛が約1カ月ぶり安値に下落した。
LME指定倉庫の在庫が増加したことを受けた。
またヨーロッパの製造業指標の弱さが卑金属の魅力を低下させた

【20190418】
 銅は反発した。5月きりの清算値は3.70セント高の296.75セント。

【20190417】
 【シンガポール・ロイター時事】ヨーロッパ時間17日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上昇。
最大消費国である中国の国内総生産(GDP)統計が堅調だったことが好感された。
 中国国家統計局が同日発表した2019年1~3月期のGDPは前年同期比6.4%増と前期並みの伸びを確保


01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78 79 80 ex
金現物相場 [2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02 07 08 09 10 11 12
[2019] 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
金銀銅 [2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02 03 04
[2019] 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
石油 [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
トウモロコシ [2017] 10 11 12 [2018] 01 02

レアメタル 買取特殊金属買取取扱材料技術
レアメタル 買取、スクラップ 買取、特殊金属、レアメタルなら[レアメタル買取センター]にお任せください。