シフォンブラウス 長袖 半袖 シフォンブラウス 長袖 半袖 白黒 レディースファッション通販
シフォンブラウス 白黒  シフォンブラウス 半袖
レアメタル 買取  金メッキ 買取  金・貴金属買取  レアメタル 買取  鉄・非鉄金属 買取  レアメタル 買取
レアメタル 買取 特殊金属 買取 レアメタル 買取
金現物相場 [2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02 07 08 09 10 11
[2019] 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11
金銀銅 [2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02 03 04
[2019] 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11
石油 [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
トウモロコシ [2017] 10 11 12 [2018] 01 02

【20190629】
 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで17.75ドル高の5971.00ドル、3カ月物は13.75ドル高の5981.00ドルだった。
カーブ取引終値は5.00ドル高の5993.00ドルだった。
 非鉄相場は小動き。
銅は反発した。
米中首脳会談を週末に控え、様子見気分が強かった

【20190629】
 銅は下落。9月きりの清算値は0.30セント安の271.35セント。

【20190628】
 【シンガポール・ロイター時事】ヨーロッパ時間28日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、小幅上昇。
一方で米中貿易戦争に対する懸念が広がり、四半期ベースでは下落になる。
 銅3カ月物は0737GMT(日本時間午後4時37分)時点で0.1%高の1トン=5995ドルだった。
 四半期ベースでは7.5%下落した

【20190628】
 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで52.25ドル安の5953.25ドル、3カ月物は50.00ドル安の5967.25ドルだった。
カーブ取引終値は横ばいの5988.00ドルだった。
 非鉄相場はまちまち。銅は反落した。
20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)を控えて、神経質な動きとなった。
アクセンド・マーケッツのマイク・ファンダルケン氏は「米中貿易協議もあるが、中国の景気刺激策にも注目が集まっている」と指摘した。
 ▽アルミ=直物は21.50ドル安の1781.00ドル、3カ月物は21.00ドル安の1803.50ドルだった。
カーブ取引終値は30.00ドル安の1790.00ドルだった。
 ▽ニッケル=直物は267.50ドル高の1万2662.50ドル、3カ月物は250.00ドル高の1万2685.00ドルだった。
カーブ取引終値は220.00ドル高の1万2710.00ドルだった。
 ▽鉛、その他=鉛の直物は7.00ドル安の1912.25ドル、3カ月物は3.50ドル安の1926.00ドルだった。
カーブ取引終値は12.00ドル高の1941.00ドルだった。
 亜鉛の直物は105.00ドル安の2517.50ドル、3カ月物は60.00ドル安の2471.25ドルだった。
カーブ取引終値は31.00ドル安の2475.00ドルだった。
 スズは直物が137.50ドル安の1万8850.00ドル、3カ月物は165.00ドル安の1万8837.50ドルだった。
カーブ取引終値は70.00ドル高の1万8850.00ドルだった。

【20190628】
 ヨーロッパ時間28日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、開催中の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)を眺めて上昇。
一方で、四半期ベースでは下落し、2015年以来の下げ幅だった。
長引いている米中貿易摩擦が需要を低下させた

【20190628】
 銅は続落。7月きりの清算値は0.10セント安の271.25セント。

【20190627】
 【シンガポール・ロイター時事】ヨーロッパ時間27日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、ほぼ変わらず。
週末に予定されている米中首脳会談を控えて投資家が慎重姿勢を取っている。
 銅3カ月物は0730GMT(日本時間午後4時半)時点でほぼ変わらずの1トン=5990.50ドルだった。
5週間ぶりの高値近辺で推移している

【20190627】
 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで20.25ドル高の6005.50ドル、3カ月物は12.75ドル高の6017.25ドルだった。
カーブ取引終値は54.00ドル安の5988.00ドルだった。
 非鉄相場は高安まちまち。銅は現物では上昇したが、カーブ取引では下落した。
CMCマーケッツのマイケル・ヒューソン氏は「ドルの方向感をめぐる論争が非鉄相場を左右している」と指摘した。
 ▽アルミ=直物は26.25ドル高の1802.50ドル、3カ月物は24.00ドル高の1824.50ドルだった。
カーブ取引終値は6.00ドル高の1820.00ドルだった。
 ▽ニッケル=直物は187.50ドル高の1万2395.00ドル、3カ月物は147.50ドル高の1万2435.00ドルだった。
カーブ取引終値は190.00ドル高の1万2490.00ドルだった。
 ▽鉛、その他=鉛の直物は18.25ドル高の1919.25ドル、3カ月物は20.50ドル高の1929.50ドルだった。
カーブ取引終値は10.50ドル安の1929.00ドルだった。
 亜鉛の直物は21.00ドル安の2622.50ドル、3カ月物は7.50ドル高の2531.25ドルだった。
カーブ取引終値は37.00ドル安の2506.00ドルだった。
 スズは直物が40.00ドル安の1万8987.50ドル、3カ月物は2.50ドル安の1万9002.50ドルだった。
カーブ取引終値は270.00ドル安の1万8780.00ドルだった。

【20190627】
 ヨーロッパ時間27日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、ほぼ横ばい。
5週間ぶり高値近辺の水準を維持している。
米国と中国が週末の首脳会談を前に貿易戦争の「休戦」で合意したとの報道を受けた

【20190627】
 銅は反落した。
7月きりの清算値は2.20セント安の271.35セント。

【20190626】
 【シンガポール・ロイター時事】ヨーロッパ時間26日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は下落。最近の相場上昇を受けた利益確定売りが出た。
アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言でハト派的期待がしぼみ、ドルが上げたことも銅相場を圧迫した。
 LMEの銅3カ月物は0727GMT(日本時間午後4時27分)時点で0.6%安の1トン=6004ドルだった。
前日には5月21日以来5週間ぶりの高値を付けた

【20190626】
 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで68.75ドル高の5985.25ドル、3カ月物は72.25ドル高の6004.50ドルだった。
カーブ取引終値は82.00ドル高の6042.00ドルだった。
 非鉄相場は総じて堅調。銅は反発した。
CMCマーケッツのデービッド・マッデン氏は「銅は200日平均線をまだ下回っているが、米中貿易協議が良い方向に進めば、もう一段上に行けるだろう」と指摘した。
 ▽アルミ=直物は29.25ドル高の1776.25ドル、3カ月物は27.75ドル高の1800.50ドルだった。
カーブ取引終値は21.00ドル高の1814.00ドルだった。
 ▽ニッケル=直物は145.00ドル高の1万2207.50ドル、3カ月物は160.00ドル高の1万2287.50ドルだった。
カーブ取引終値は160.00ドル高の1万2300.00ドルだった。
 ▽鉛、その他=鉛の直物は13.75ドル高の1901.00ドル、3カ月物は12.50ドル高の1909.00ドルだった。
カーブ取引終値は26.50ドル高の1939.50ドルだった。
 亜鉛の直物は65.75ドル高の2643.50ドル、3カ月物は62.50ドル高の2523.75ドルだった。
カーブ取引終値は52.00ドル高の2543.00ドルだった。
 スズは直物が35.00ドル安の1万9027.50ドル、3カ月物は52.50ドル高の1万9005.00ドルだった。
カーブ取引終値は25.00ドル安の1万9050.00ドルだった。

【20190626】
 ヨーロッパ時間26日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は小幅安。
ムニューシン米財務長官が、中国との貿易協議が90%完了していると発言したことを受けて一時は5週間ぶり高値を付けたが、ドル高と中国需要への懸念が銅の上げ幅を抑えた。
 LMEの銅3カ月物は1003GMT(日本時間午後7時03分)時点で0.1%安の1トン=6036ドルだった。
一時は5月21日以来の高値となる6063.50ドルを付けた

【20190626】
 銅は続伸した。
7月きりの清算値は3.00セント高の273.55セント。

【20190625】
 【シンガポール・ロイター時事】ヨーロッパ時間25日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上昇。
チリの鉱山ストライキが続いているのを受け、供給をめぐる懸念が高まったほか、ドルの下落が強材料となった。
 LMEの銅3カ月物は0720GMT(日本時間午後4時20分)時点で、0.5%高の1トン=5991.50ドルだった。
上海先物取引所の中心限月8月きりは、0.6%高の4万7090元

【20190625】
 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで24.00ドル安の5916.50ドル、3カ月物は19.25ドル安の5932.25ドルだった。
カーブ取引終値は11.00ドル安の5960.00ドルだった。
 非鉄相場は売り買いまちまち。銅は続落。英サクデン・フィナンシャルのリズ・グラント氏は「20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)を控え、きょうも静かな一日だった」と指摘した。
市場は様子見気分が強まっている。
 ▽アルミ=直物は4.00ドル高の1747.00ドル、3カ月物は5.50ドル高の1772.75ドルだった。
カーブ取引終値は25.50ドル高の1793.00ドルだった。
 ▽ニッケル=直物は70.00ドル安の1万2062.50ドル、3カ月物は50.00ドル安の1万2127.50ドルだった。
カーブ取引終値は50.00ドル高の1万2140.00ドルだった。
 ▽鉛、その他=鉛の直物は6.25ドル安の1887.25ドル、3カ月物は0.75ドル安の1896.50ドルだった。
カーブ取引終値は13.00ドル高の1913.00ドルだった。
 亜鉛の直物は35.50ドル高の2577.75ドル、3カ月物は29.00ドル高の2461.25ドルだった。
カーブ取引終値は58.00ドル高の2491.00ドルだった。
 スズは直物が62.50ドル安の1万9062.50ドル、3カ月物は167.50ドル安の1万8952.50ドルだった。
カーブ取引終値は50.00ドル高の1万9075.00ドルだった。

【20190625】
 ヨーロッパ時間25日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上昇。
チリにある銅山の大規模なストライキを受けて、供給が不足するとの見方が広がったことが支援材料となった。
ただ投資家は今週行われる米中貿易協議を前に、神経をとがらせている

【20190625】
 銅は小反発した。7月きりの清算値は0.10セント高の270.55セント。

【20190624】
 【北京ロイター時事】ヨーロッパ時間の週明け24日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は続落。チリの鉱山ストが支援材料になったものの、さえない米製造業指標や米国とイランの関係悪化への懸念を背景にした売り圧力が上回った。
 IHSマークイットが発表した6月の米製造業購買担当者景況指数(PMI)は50.1に低下し、2009年9月以来の低水準になった。
 一方、チリのチュキカマタ銅山の労働組合は22日、コデルコによる最新の労使契約を拒否した

【20190624】
 ヨーロッパ時間24日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は続落。ドル相場の軟化やチリの供給不安が支援材料だったものの、今週予定されている米中首脳会談の成果に懐疑的な見方が広がり、銅相場を押し下げた。
 銅3カ月物は1016GMT(日本時間午後7時16分)時点で、0.5%安の1トン=5940ドルだった。
20日には約1カ月ぶりの高値の6027ドルまで上げていた。
 銅相場は米中貿易摩擦が激化した4月半ば~6月半ばにかけて15%下落したものの、過去数週間はやや回復していた

【20190622】
 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで20.50ドル安の5940.50ドル、3カ月物は20.25ドル安の5951.50ドルだった。
カーブ取引終値は2.00ドル安の5971.00ドルだった。
 非鉄相場は軟調。銅は4日ぶり反落した。
米国とイランの軍事的緊張の高まったことに加え、来週の米中首脳会談も控えて神経質な動きとなった。
 ▽アルミ=直物は34.50ドル安の1743.00ドル、3カ月物は35.25ドル安の1767.25ドルだった。
カーブ取引終値は13.50ドル安の1767.50ドルだった。
 ▽ニッケル=直物は110.00ドル安の1万2132.50ドル、3カ月物は125.00ドル安の1万2177.50ドルだった。
カーブ取引終値は210.00ドル安の1万2090.00ドルだった。
 ▽鉛、その他=鉛の直物は22.00ドル安の1893.50ドル、3カ月物は23.25ドル安の1897.25ドルだった。
カーブ取引終値は3.00ドル安の1900.00ドルだった。
 亜鉛の直物は43.25ドル安の2542.25ドル、3カ月物は55.75ドル安の2432.25ドルだった。
カーブ取引終値は35.00ドル安の2433.00ドルだった。
 スズは直物が262.50ドル安の1万9125.00ドル、3カ月物は192.50ドル安の1万9120.00ドルだった。
カーブ取引終値は前清算値比125.00ドル高の1万9025.00ドルだった。

【20190622】
 銅は小反落した。
7月きりの清算値は0.75セント安の270.45セント。

【20190621】
 【北京ロイター時事】ヨーロッパ時間21日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は下落。米国とイランの政治的緊張の高まりに対する懸念が広がり、非鉄相場は軟化した。
 米紙ニューヨーク・タイムズは、トランプ米大統領が、イランが米軍の無人偵察機を撃墜したことを受け、報復措置として同国への軍事攻撃を承認したが、直前になって発動を撤回したと報じた。
 銅は週間ベースで2.4%高と、3月29日で終わる週以来の上昇幅を記録する見通し

【20190621】
 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで66.25ドル高の5961.00ドル、3カ月物は52.25ドル高の5971.75ドルだった。
カーブ取引終値は55.00ドル高の5973.00ドルだった。
 非鉄相場は堅調。銅も3日続伸した。
アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)の利下げ期待が相場を押し上げた。
 ▽アルミ=直物は31.25ドル高の1777.50ドル、3カ月物は26.25ドル高の1802.50ドルだった。
カーブ取引終値は2.00ドル安の1781.00ドルだった。
 ▽ニッケル=直物は380.00ドル高の1万2242.50ドル、3カ月物は350.00ドル高の1万2302.50ドルだった。
カーブ取引終値は210.00ドル高の1万2300.00ドルだった。
 ▽鉛、その他=鉛の直物は19.50ドル高の1915.50ドル、3カ月物は22.75ドル高の1920.50ドルだった。
カーブ取引終値は9.00ドル高の1903.00ドルだった。
 亜鉛の直物は21.75ドル安の2585.50ドル、3カ月物は6.75ドル高の2488.00ドルだった。
カーブ取引終値は10.00ドル安の2468.00ドルだった。
 スズは直物が400.00ドル高の1万9387.50ドル、3カ月物は387.50ドル高の1万9312.50ドルだった。
カーブ取引終値は1万9150.00~1万9200.00ドルの気配値。

【20190621】
 ヨーロッパ時間21日午前のロンドン金属取引所の銅相場は下落。来週の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせて開催される米中首脳会談をめぐる不確実性や、米国とイランの緊張の高まりが懸念された。
 アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)が利下げの可能性を示唆したことを受けて、金は前日に約1カ月ぶり高値を付けた。
 一方、米紙ニューヨーク・タイムズは、トランプ米大統領がイランへの軍事攻撃を承認したが、直前になって発動を撤回したと報じた

【20190621】
 銅は反発した。7月きりの清算値は3.15セント高の271.20セント。

【20190620】
 【シンガポール・ロイター時事】ヨーロッパ時間20日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅とニッケルの相場はドル安を受けて、3週間超ぶりの高値を付けた。
投資家らはアメリカ連邦準備制度理事会(FRB)当局者の発言で、年内の利下げの可能性が示唆されたと受け止めた。
 LMEの銅3カ月物は一時1.2%高の1トン=5991ドルと、5月28日以来の高値を付けた

【20190620】
 ▽銅=銅の直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値で46.50ドル高の5894.75ドル、3カ月物は44.00ドル高の5919.50ドルと、それぞれ続伸した。
カーブ取引は31.00ドル安の5918.00ドルだった。
 サクデン・フィナンシャルはこの日の非鉄リポートで「アメリカ連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を前に、取引は比較的閑散としていた。
LMEの金属相場は総じて前日の高値から後退した

【20190620】
 ヨーロッパ時間20日午前のロンドン金属取引所(LME)の卑金属相場は上昇。
アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)が利下げの可能性を示唆したことに加えて、中国経済の回復に対する期待感が相場を下支えした。
 ニッケルと銅は3週間超ぶりの高値を付けた

【20190620】
 銅は反落した。
7月きりの清算値は2.25セント安の268.05セント。

【20190619】
 【シンガポール・ロイター時事】19日の上海先物取引所の非鉄金属相場は上昇。
トランプ米大統領が今月末から米中貿易協議が再開されるだろうと述べ、長引く両国間の貿易戦争が解消されるとの期待感が広がった。
 上海市場の銅中心限月は1.2%高で引けた


01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 ex
金現物相場 [2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02 07 08 09 10 11
[2019] 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11
金銀銅 [2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02 03 04
[2019] 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11
石油 [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
トウモロコシ [2017] 10 11 12 [2018] 01 02

レアメタル 買取特殊金属買取取扱材料技術
レアメタル 買取、スクラップ 買取、特殊金属、レアメタルなら[レアメタル買取センター]にお任せください。