金メッキ 買取  金・貴金属買取  レアメタル 買取  レアメタル 買取  鉄・非鉄金属 買取  レアメタル 買取
金現物相場 [2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
金銀銅 [2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
石油 [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
トウモロコシ [2017] 10 11 12 [2018] 01 02

【20180725】
24日のロンドン自由金市場は軟調なドル安を好感して反発した。
金塊相場は前日比2.96ドル高の1オンス=1227.72ドルで引けた。
 この日の金塊は安寄りし、1218ドル台まで売られたが、その後はドル安を眺めて切り返し、一時1230ドル目前まで買われた。
引けにかけては上げ幅を削った

【20180725】
 白金10月きりは3営業日続伸し、清算値は前日比4.60ドル高の1オンス=835.60ドルとなった。
 パラジウム9月きりも3営業日続伸した。
清算値は同6.00ドル高の1オンス=908.60ドルとなった。

【20180724】
 24日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、新たな取引材料待ちで動意に乏しく、中心限月8月物の清算値は前日比0.10ドル安の1オンス=1225.50ドルとほぼ横ばいとなった。
 根強い米利上げの継続観測などを背景に、未明の外国為替市場ではドルが対ユーロで一時急伸。
金塊は割高感から早朝まではマイナス圏を推移していたが、朝方にドル買いの勢いがいったん緩んだため、ショートカバーや安値拾いに支えられる形で小高い水準を回復した

【20180724】
 【ニューヨーク、ロンドン・ロイター時事】23日の金現物相場は軟化した。
金の大口消費国である中国、インドの通貨に対してドルが堅調を維持したため、1年ぶりの安値まで下落した。
ドル建てで取引される金は、ドル高になると他の通貨を保有する投資家にとって金の価格が割高になる

【20180724】
 週明け23日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、ドルが対ユーロで堅調に転じたことに伴う割高感を背景に売りが優勢となり、反落した。
中心限月8月物の清算値は前週末比5.50ドル(0.45%)安の1オンス=1225.60ドルだった。
 トランプ米大統領は先週末、ツイッターの投稿でドル高への不満を表明。これを受けて、外国為替市場では一時的にドル売り・ユーロ買いが進行。
ドル建てで取引される商品に割安感が生じたため、金塊に買い戻しが台頭していた

【20180724】
 金は6営業日続落。終値は、中心限月2019年6月先ぎりが前日比27円安の4358円、ほかが28~33円安。
日中立ち会いは、前日のニューヨーク金先物相場が対ユーロでのドル堅調を背景に反落した流れを受け継ぎ、売りが先行して始まった。
その後は、取引中のNY金の軟調推移や円相場の上昇を受け、下げ幅を拡大した

【20180724】
 金は下げ幅拡大。
午前11時現在、中心限月2019年6月先ぎりが前日比15円安の4370円、ほかは14~19円安。
日中立ち会いは、前日のニューヨーク金先物相場安を移し、6営業日続落して始まった

【20180724】
 金は小幅ながら6営業日続落。中心限月2019年6月先ぎりの始値は、前日比2円安の4383円。
日中立ち会いは、23日のニューヨーク金先物相場が、対ユーロでのドル堅調に伴う割高感を背景に反落した流れを受け継ぎ、売りが先行して始まった。
円相場が下落しているため、下げ幅は抑制されている

【20180724】
週明け23日のロンドン自由金市場はドルの反発を眺めて反落し、金塊相場は前週末比4.38ドル安の1オンス=1224.76ドルで引けた。
 この日は米長期金利が午後に入って急上昇。
これを眺めてドルに買い戻しが入ると、金塊は急速に下げ幅を拡大した

【20180724】
 先物は反落した。
9月きりの清算値は12.4セント安の1542.5セント。
 現物はアメリカ東部時間午後2時36分(1836GMT)時点で、0.85%安の1534セント。
(ロイター時事)

【20180724】
 白金10月きりは小幅続伸し、清算値は前週末比1.50ドル高の1オンス=831.00ドルとなった。
 パラジウム9月きりも続伸した。
清算値は同13.70ドル高の1オンス=902.60ドルとなった。

【20180724】
 【ベンガルール・ロイター時事】24日の金現物相場は小幅下落。ドルと米国債利回りの上昇が背景だった。
米国とイランの対立の深刻化に対する投資家の反応は控えめなままだった。
 金現物は0703GMT(日本時間午後4時03分)時点で、0.3%安の1オンス=1220.27ドルだった。
 主要6通貨に対するドル指数は、0.2%高の94.838。
 オアンダのアナリスト、スティーブン・イネス氏は「実のところ、リスクセンチメントに対する全体的な反応は弱い」と指摘

【20180723】
 金は5営業日続落。終値は、中心限月2019年6月先ぎりが前週末比27円安の4385円、ほかが27~32円安。
日中立ち会いは、為替の円高・ドル安を受け、売りが先行して始まった。
その後、取引中のニューヨーク金先物相場の軟化や円高進行を背景に水準を切り下げ、この日の安値で取引を終えた

【20180723】
 金は下げ幅拡大。
午前11時現在、中心限月2019年6月先ぎりは前週末比20円安の4392円、ほかが18~21円安。
日中立ち会いは、為替の円高・ドル安を受け、5営業日続落して始まった

【20180723】
 金は5営業日続落。中心限月2019年6月先ぎりの始値は、前週末比8円安の4404円。
日中立ち会いは、週末20日のニューヨーク金先物相場はドル安・ユーロ高に伴う割安感を背景に反発したものの、円相場の上昇に圧迫され、売りが先行して始まった。
 銀は出合いがない  白金は5日ぶりに反発した。NY高を眺め、先ぎりが41円高の2965円で寄り付いた

【20180723】
 【ベンガルール・ロイター時事】23日の金現物相場はしっかり。
トランプ米大統領が連邦準備制度理事会(FRB)の利上げを批判したことでドルが軟化、1週間ぶり高値近辺を推移した。
 金現物は0738GMT(日本時間午後4時38分)時点で、1オンス当たり1231.00ドルだった。
取引序盤は1235.10ドルと、7月17日以来の高値を付けた

【20180721】
 【ニューヨーク、ロンドン・ロイター時事】20日の金現物相場は反発した。前日には1年ぶりの安値を付けたが、この日はドル高やアメリカ連邦準備制度理事会(FRB)の利上げを批判したトランプ米大統領の発言がドルの急落を誘い、金相場を押し上げた。
 金現物はアメリカ東部時間午後1時40分(1740GMT)時点で0.7%高の1オンス=1230.89ドルだった。
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物は7.10ドル(0.6%)高の1オンス=1231.10ドルだった。
 ただ、今週の金相場は前週比で1%程度下落。5月中旬以降では10%も下げており、下落基調が終わる兆しは見えない。
 ドル高になると、他の通貨を持つ買い手にとっては金の価格が割高になる

【20180721】
週末20日のロンドン自由金市場の金塊相場は、ドル安を受けて6営業日ぶりに大幅反発となった。
1オンス=1229.14ドルと、前日終値比11.69ドル高で引けた。
 トランプ米大統領は19日にアメリカ連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締めに不満を表明し、20日にもツイッターで同趣旨の投稿をした

【20180721】
 先物は反発した。9月きりの清算値は14.7セント高の1554.90セント。
 現物は1740GMT(日本時間午前2時40分)時点で、1.7%高の1552セント。
(ロイター時事)

【20180721】
 白金10月きりは6営業日ぶりに反発した。
清算値は前日比23.20ドル高の1オンス=829.50ドルとなった。
 パラジウム9月きりも6営業日ぶりに反発した。清算値は同22.70ドル高の1オンス=888.90ドルとなった。

【20180720】
 週末20日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、ドル安・ユーロ高に伴う割安感などを受けて買い戻しが入り、反発した。
8月物の清算値は前日比7.10ドル(0.58%)高の1オンス=1231.10ドルだった。
週間では、10.10ドル(0.81%)安となった。
 トランプ米大統領はこの日朝、ツイッターに「米国は利上げをしてドルが日々強くなっている

【20180720】
 村上孝一・第一商品貴金属アナリスト=アメリカ経済の好調さを示す統計などを受け、ドル高基調が続いている。
来週のニューヨーク金先物相場は、ドル高の流れが変わらない場合は軟調に推移し、節目の1200ドルが視野に入るだろう。
 米国の景気動向を見極める上で、27日に発表される4~6月期の国内総生産(GDP)速報値が注目される

【20180720】
 【ニューヨーク、ロンドン・ロイター時事】19日の金現物相場は下落し、1年ぶり安値を付けた。
アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が17、18両日の議会証言で、年内の追加利上げに再び意欲を示したことから、ドルが上昇して金を圧迫した。
 FRBは6月に利上げを実施し、年内あと2回の利上げ見通しを示した

【20180720】
 19日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、ドル高・ユーロ安の先行に伴う割高感に圧迫され、反落した。
8月物の清算値は前日比3.90ドル(0.32%)安の1オンス=1224.00ドルと、中心限月ベースで2017年7月中旬以来約1年ぶりの安値を更新した。
 この日の外国為替市場ではドル高・ユーロ安が先行し、ドル建てで取引される金塊の割高感につながったため、金相場は未明から軟調に推移していた

【20180720】
 金は4日続落。終値は、中心限月2019年6月先ぎりが前日比20円安の4412円、ほかは18~24円安。
日中立ち会いは、為替相場の円高・ドル安を受け、売りが先行して始まった。
その後は、ニューヨーク金先物相場の軟調地合いに歩調を合わせ、マイナス圏で推移した

【20180720】
 金は下げ幅拡大。
午前11時現在、中心限月2019年6月先ぎりが前日比37円安の4395円、ほかは37~39円安。
日中立ち会いは、為替相場の円高・ドル安を受け、4営業日続落して始まった

【20180720】
 金は4営業日続落。中心限月2019年6月先ぎりの始値は、前日比16円安の4416円。
日中立ち会いは、取引中のニューヨーク金先物相場が前日の東京市場大引け時とほぼ同水準で推移する中、為替の円高・ドル安を受け、売りが先行して始まった。
 銀は、2月きりと先ぎりが小幅安

【20180720】
19日のロンドン自由金市場の金塊相場はドル高を受けて5日続落となり、1オンス=1217.45ドルと、前日終値比8.94ドル安で引けた。
昨年7月以来、1年ぶりの安値を更新した。
 ソシエテ・ジェネラルのアナリスト、ロビン・バー氏は「金はまるで石にでもなったかのように下落している」と指摘し、「1200ドルを試す展開だ」との見方を示した

【20180720】
 先物は続落。9月きりの清算値は17.20セント安の1540.20セント。
 現物はアメリカ東部時間午後2時15分(1815GMT)時点で、0.7%安の1542.00セント。
(ロイター時事)

【20180720】
 白金10月きりは5営業日続落し、清算値は前日比11.50ドル安の1オンス=806.30ドルとなった。
ロイター通信によると、白金は一時、2008年以来の安値を付けた。
 パラジウム9月きりも5日続落。清算値は同35.60ドル安の1オンス=866.20ドルと、中心限月ベースで4月上旬以来約3カ月半ぶりに900ドルを割った

【20180720】
 【ベンガルール(インド)ロイター時事】ヨーロッパ時間20日朝の金現物相場は、荒い値動きの中を小反発した。
ドルが1年ぶりの高値から下落したことが背景だった。
金は前日に1年ぶり安値を付けていた。
 金現物は0811GMT(日本時間午後5時11分)時点で1オンス=1224.55ドルだった。
前日は昨年7月以来の安値となる1211.08ドルを付けた


01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97
98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
48 49 50 ex
[2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 10 11 12 [2018] 01 02

レアメタル 買取特殊金属買取取扱材料技術
レアメタル 買取、スクラップ 買取、特殊金属、レアメタルなら[レアメタル買取センター]にお任せください。

[TOP]