金メッキ 買取  金・貴金属買取  レアメタル 買取  レアメタル 買取  鉄・非鉄金属 買取  レアメタル 買取
金現物相場 [2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
金銀銅 [2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
石油 [2017] 10 11 12 [2018] 01 02
トウモロコシ [2017] 10 11 12 [2018] 01 02

【20181030】
週明け29日のロンドン自由金市場は1230ドル前後でのレンジ取引に終始し、金塊相場は前週末比11.105ドル安の1オンス=1230.695ドルと、反落して引けた。
 金塊は先週末に急伸し、一時1243ドル台を付けたが、その後に売り戻しが入った。
この日は1227~1231ドルで方向感なく推移

【20181030】
 白金1月きりは3営業日続伸し、清算値は前週末比2.50ドル高の1オンス=836.90ドルとなった。
 一方、パラジウム12月きりは4営業日続落。清算値は同6.60ドル安の1オンス=1079.30ドルだった。

【20181029】
 金は続落。終値は、2019年8月きりが前週末比10円安の4423円、ほかが7~12円安。
新ポ19年10月きりは発会値比5円安の4418円で大引けた。
日中立ち会いは、為替の円高・ドル安を受け、売りが先行して始まった

【20181029】
 金は安寄り後、もみ合い。
午前11時現在、中心限月2019年8月きりは前週末比7円安の4426円、ほかが6~7円安。
新ポ19年10月きりは発会値比変わらずの4423円

【20181029】
 金は続落。中心限月2019年8月きりの始値は、前週末比8円安の4425円。
日中立ち会いは、取引中のニューヨーク金先物相場が週末の東京市場大引け時に近い水準で推移する中、為替相場の円高・ドル安を受け、売りが先行して始まった。
新ポ19年10月きりは2円下ざやの4423円で発会した

【20181029】
 【ベンガルール・ロイター時事】ヨーロッパ時間29日朝の金現物相場は、ドル高傾向を背景に小幅安。
米企業業績や世界経済の伸びが減速するとの懸念がアジア株式市場の重しとなったものの、金は狭いレンジで取引されている。
 金現物は0730GMT(日本時間午後4時30分)時点で、0.2%安の1オンス=1231.16ドルだった。
26日には一時、1243.32ドルと7月17日以来の高値を付けた

【20181027】
 26日の金現物相場は上昇し、一時は3カ月超ぶりの高値を付けた。
世界各地で株価が大幅安となる中、投資家らは安全資産とされる金に買いを入れた。
金は週間ベースで4週続伸に向かっている

【20181027】
 週末26日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、投資家のリスク回避姿勢が広がる中、安全資産としての買いが優勢となり、続伸した。
中心限月12月物の清算値は前日比3.40ドル(0.28%)高の1オンス=1235.80ドルだった。
 この日の米株相場は企業業績の先行き不安などを背景に大幅反落した。
相対的に安全資産とされる金に資金が流入し、相場は一時1246.00ドルまで上昇した。
また、米中「貿易戦争」やサウジアラビアをめぐる地政学的リスクなどに対する警戒感が根強いことも相場の支援材料となった

【20181027】
週末26日のロンドン自由金市場は急反発した。
金塊相場は1オンス=1241.80ドルと、前日終値比12.35ドル高で引けた。
7月中旬以来、約3カ月ぶりの高値となった。
欧米市場の株安を受けて安全資産とされる金塊に買いが集まった

【20181027】
 先物は反発した。12月きりの清算値は7.0セント高の1470.0セントとなった。
 現物は1810GMT(日本時間27日午前3時10分)時点で、0.1%高の1463セント。
(ロイター時事)

【20181027】
 白金1月きりは続伸し、清算値は前日比2.50ドル高の1オンス=834.40ドルとなった。
 一方、パラジウム12月きりは3日続落。清算値は同1.70ドル安の1オンス=1085.90ドルだった。

【20181026】
 上野剛志・ニッセイ基礎研究所シニアエコノミスト=来週のニューヨーク金先物相場は、弱含みの展開になりそうだ。
主要通貨に対するドル指数の上昇基調が背景にあり、中心限月の取引レンジは1オンス=1200~1245ドルを想定している。
 主要なアメリカ経済指標の発表が相次いで予定されており、特に9月の個人消費支出(PCE)および食料品とエネルギーを除いたコアのPCE物価指数(コアデフレーター)、10月のサプライ管理協会(ISM)製造業景況指数や雇用統計に注目している

【20181026】
 25日の金現物相場は下落した。
ドル高に加え、数日間の世界的な株価急落を受けた株価の反発が金相場の勢いを失わせた。
 金現物はアメリカ東部時間午後1時57分(1757GMT)時点で0.3%安の1オンス=1229.43ドルだった。
 相場は一時は1239.22ドルを付け、23日に付けた3カ月超ぶり高値の1239.68ドルに迫った

【20181026】
 25日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、対ユーロでのドル軟化で買いが先行したものの、その後はドルが上昇に転じたことや、米株価が大幅反発したことで売り戻され、ほぼ横ばいとなった。
中心限月12月物の清算値は前日比1.30ドル(0.11%)高の1オンス=1232.40ドルだった。
 外国為替市場では早朝にかけてドルが対ユーロで軟化。
ドル建てで取引される金塊などの商品に割安感が広がったことから、一時まとまった買いが入った

【20181026】
 金は3営業日ぶりに反落した。
終値は、中心限月2019年8月先ぎりが前日比14円安の4433円、ほかは納会を迎えた10月当ぎりを除き、11~15円安。
日中立ち会いは、取引中のニューヨーク金先物相場が前日の東京市場大引け時を下回ったことから、売りが先行して始まった。
その後は、もみ合う場面があったものの、円相場の上昇に圧迫され、水準を切り下げた

【20181026】
 金は安寄り後、もみ合い。
午前11時現在、中心限月2019年8月先ぎりが前日比9円安の4438円、ほかは9~17円安。
日中立ち会いは、ニューヨーク金先物相場が前日の東京市場大引け時を下回ったのを受け、3営業日ぶりに反落して始まった

【20181026】
 金は3営業日ぶりに反落した。
中心限月2019年8月先ぎりの始値は、前日比9円安の4438円。
日中立ち会いは、取引中のニューヨーク金先物相場が前日の東京市場大引け時を下回っているのを受け、売りが先行して始まった。
 銀は出合いがない

【20181026】
25日のロンドン自由金市場は小幅続落となり、金塊相場は1オンス=1229.45ドルと、前日終値比1.09ドル安で引けた。
外国為替市場でドルが対ユーロなどで買われたことが相場を圧迫した。
 ただ、心理的な節目の1200ドルを大きく上回る水準での値固めが続いている

【20181026】
 先物は続落。12月きりの清算値は4.6セント安の1463.0セント。
 現物はアメリカ東部時間午後1時57分(1757GMT)時点で、0.1%安の1462.0セント。
(ロイター時事)

【20181026】
 白金1月きりは小反発した。
清算値は前日比0.40ドル高の1オンス=831.90ドルとなった。
 一方、パラジウム12月きりは大幅続落。清算値は同24.70ドル安の1オンス=1087.60ドルだった。

【20181026】
 【ベンガルール・ロイター時事】ヨーロッパ時間26日朝の金現物相場は上昇。
週間ベースでは4週続伸する見込みで、実現すれば1月以来で最長となる。
米企業業績や世界経済の減速見通しをめぐる懸念が高まる中、アジア株の下落が支援材料となった

【20181025】
 24日の金現物相場は小幅下落。前日に株安を支援材料に3カ月超ぶりの高値を付けたのを受け、ドル高を眺めた利食い売りが出た。
 金現物はアメリカ東部時間午後1時46分(1746GMT)時点で0.1%安の1オンス=1228.75ドルだった。
 金現物は前日、7月半ば以来の高値となる1239.68ドルを記録した。
 TDセキュリティーズのコモディティー戦略責任者、バート・メレク氏は「1240ドル近辺に上昇したため、若干の利食い売りが出た可能性がある

【20181025】
 24日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、対ユーロでのドル高先行に伴う割高感に圧迫され、反落した。
12月物の清算値は前日比5.70ドル(0.46%)安の1オンス=1231.10ドルだった。
 外国為替市場では未明から対ユーロでドル高が進行。
ドル建てで取引される金塊などの商品に割高感が生じたことから、金塊が売られた

【20181025】
 金は総じて続伸した。
終値は、中心限月2019年8月先ぎりが前日比7円高の4447円、他限月は10月当ぎりが13円安、ほかは3~7円高。
日中立ち会いは、為替相場の円高・ドル安を受け、売りが先行して始まった。
その後は、取引中のニューヨーク金先物相場の堅調推移を眺めて水準を切り上げ、当ぎりを除きプラス圏に浮上した

【20181025】
 金は安寄り後、水準切り上げ。
午前11時現在、中心限月2019年8月先ぎりが前日比1円高の4441円、ほかは4円安~1円高。
10月当ぎりは約定されていない

【20181025】
 金は反落した。
中心限月2019年8月先ぎりの始値は、前日比7円安の4433円。
日中立ち会いは、為替相場の円高・ドル安を受け、売りが先行して始まった。
 銀は出合いがない

【20181025】
24日のロンドン自由金市場は反落し、金塊相場は1オンス=1230.54ドルと、前日終値比2.54ドル安で引けた。
外国為替市場のドル高が圧迫材料となった。
 ドルは円やユーロなどの主要通貨に対してほぼ全面高となり、ドル建ての金塊相場にとっては逆風となった

【20181025】
 先物は反落した。
12月きりの清算値は11.7セント安の1467.6セント。
 現物はアメリカ東部時間午後1時46分(1746GMT)時点で、0.3%安の1468セント。
(ロイター時事)

【20181025】
 白金1月きりは反落し、清算値は前日比3.90ドル安の1オンス=831.50ドルとなった。
 パラジウム12月きりも反落した。
清算値は同10.50ドル安の1オンス=1112.30ドルだった。

【20181025】
 【ベンガルール(インド)ロイター時事】ヨーロッパ時間25日朝の金現物相場は小幅上昇し、今週付けた3カ月超ぶりの高値に近づいている。
政治や経済不安が高まる中、世界的な株安を受け、安全資産である金に買いが入った。
 アジア株は下落。前日にハイテク株中心のナスダック総合指数が続落し、1日の下落率としては2011年以来の大きさを記録したことで、世界市場でドル安が進んだ

【20181024】
 23日の金現物相場は1%上昇し、一時3カ月超ぶりの高値を付けた。
ドル安に加え、世界の株価が下落した。
政治や経済の不透明感が強まったことも金の魅力を高めた


01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97
98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 ex
[2017] 08 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 09 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 10 11 12 [2018] 01 02
[2017] 10 11 12 [2018] 01 02

レアメタル 買取特殊金属買取取扱材料技術
レアメタル 買取、スクラップ 買取、特殊金属、レアメタルなら[レアメタル買取センター]にお任せください。

[TOP]